おためし受講中

ゲーミフィケーションについての理解と設計

本講義では3回を通じてゲーミフィケーションの概要、応用、実践を学んで頂きます。

第1回ではゲーミフィケーションとはどのような考え方なのか、根本的に何を実現するものなのかということを紹介し、概念の理解を深めて頂きます。

第2回では、特にWebマーケティングの領域でどのような応用可能性があるのか、実例があるのかということを説明し、より具体的なイメージを掴んで頂きます。

第3回では実践の手順について、筆者がゲーミフィケーションの設計をする際に使っているフレームワークを用いて説明します。また、時間が許せばゲーミフィケーションの未来像についてもお話したいと思っています。

予習・復習用の参考書籍として『ソーシャルゲームはなぜハマるのか(講師著)』(ソフトバンククリエイティブ)『モチベーション3.0(ダニエル・ピンク著)』(講談社)の2冊を挙げておきますので、より深く学習されたい方は事前に読んでおいてください。

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    01:23  (00:16 ~ )
    レベル設計の基本と応用
    02:58  (01:39 ~ )
    設計事例
    01:42  (04:37 ~ )
    実際の費用対効果
    03:24  (06:19 ~ )
    起業を成功させるためのゲーミフィケーション活用
    04:52  (09:43 ~ )
    具体的な成功例、失敗例
    01:28  (14:35 ~ )
    「目的」を考えるワーク:amazonを使うのはなぜでしょう?
    03:49  (16:03 ~ )
    理由を掘り下げて考える
    02:55  (19:52 ~ )
    GFW構成要素
    02:48  (22:47 ~ )
    実践において重要なこと
    01:01  (25:35 ~ )
    顧客を知る
    02:50  (26:36 ~ )
    16の基本的な欲求
    03:41  (29:26 ~ )
    バートルプレイヤータイプ
    02:28  (33:07 ~ )
    リワードを使い分ける
    04:25  (35:35 ~ )
    継続的なプロセスの実践
    04:33  (40:00 ~ )
    お知らせ
    01:29  (44:33 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:インナーリワードに対して、共感性を高めていく為の最も効果的な手法を教えて下さい
    06:15  (46:03 ~ )
    Q:「おもてなし」だと、意図しないが面白い使われ方はカバーしないという意図でしょうか?
    02:10  (52:18 ~ )
    Q:ゲームやネット上ではバッジはわかりやすいですが、教育現場においてバッジの具体的な工夫があったら教えて下さい
    02:40  (54:28 ~ )
    Q:リワードのレベル設定は細かいほうが良いのでしょうか?
    01:36  (57:08 ~ )
    Q:ゲーミフィケーションを活用したグローバルなサービスやプラットフォーム設計において、地域性などを考慮する必要はありますか?
    03:37  (58:44 ~ )
    課題発表
      (1:02:21 ~ )

    生放送授業への参加は無料です
    Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
    ×