おためし受講中

ゲーミフィケーションについての理解と設計

本講義では3回を通じてゲーミフィケーションの概要、応用、実践を学んで頂きます。

第1回ではゲーミフィケーションとはどのような考え方なのか、根本的に何を実現するものなのかということを紹介し、概念の理解を深めて頂きます。

第2回では、特にWebマーケティングの領域でどのような応用可能性があるのか、実例があるのかということを説明し、より具体的なイメージを掴んで頂きます。

第3回では実践の手順について、筆者がゲーミフィケーションの設計をする際に使っているフレームワークを用いて説明します。また、時間が許せばゲーミフィケーションの未来像についてもお話したいと思っています。

予習・復習用の参考書籍として『ソーシャルゲームはなぜハマるのか(講師著)』(ソフトバンククリエイティブ)『モチベーション3.0(ダニエル・ピンク著)』(講談社)の2冊を挙げておきますので、より深く学習されたい方は事前に読んでおいてください。

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    00:26  (00:14 ~ )
    第2回の振返り
    01:53  (00:40 ~ )
    レポートの回答① Yahoo!
    02:19  (02:33 ~ )
    レポートの回答② Google
    03:04  (04:52 ~ )
    webマーケティングにおける課題
    00:53  (07:56 ~ )
    webにはおもてなしが足りない
    03:54  (08:49 ~ )
    ①「接客」来店体験をより良くする。より的確な価値を提供する
    00:40  (12:43 ~ )
    ②オンライン上でのヒューマンな対応の必要性
    02:34  (13:23 ~ )
    ③優良顧客「よく買ってくれる・使ってくれる顧客」でいいのか?
    01:58  (15:57 ~ )
    ユーザー視点への発想の転換
    01:29  (17:55 ~ )
    「おもてなし」について
    03:30  (19:24 ~ )
    おもてなしには熟練性、関係性を求める要素がある
    03:16  (22:54 ~ )
    ユーザー視点での顧客育成
    01:54  (26:10 ~ )
    ゆめみのアプローチ
    10:56  (28:04 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:口コミで広めることをゲームフィケーションで成功した例はどんなのがありますか?
    00:49  (42:07 ~ )
    Q:サイトに来たらポイントを上げるなど、嫌いなお客様もいると思うのですが、そのような方への対策は考えたりするのでしょうか?
    02:00  (42:56 ~ )
    Q:ゲーミフィケーションによる弊害などありますでしょうか?
    04:29  (44:56 ~ )
    Q:SEO対策はゲーミフィケーションに含まれるのでしょうか?
    00:32  (49:25 ~ )
    Q:ゲーミフィケーションの示唆やコミットメントについて経営者の方がどのように感知されるのでしょうか?
    02:44  (49:57 ~ )
    Q:エンジニアや営業の方に仕事を投げる時には、そのような事を注意していますか?
    02:31  (52:41 ~ )
    課題発表
      (55:12 ~ )