おためし受講中

新規事業企画のためのUX Study-ユーザー体験を考え、サービスに落としこむ方法

タイトルにある「UX Study」とは、企業が事業を通じてユーザーや顧客に提供する「ユーザー体験とは何か」を深く学習し、その学習結果をサービスやプロダクトに落としこんでいくイテレーション(反復)プロセスのことです。

起業による新たなサービスの創出だけでなく、企業の中の新規サービス立ち上げや、一定期間で事業を検証しマーケットを創り出すことをミッションとする際に効果的なこの「UX Study」。このプロセスを採り入れることで、自分たちの創っているサービスやプロダクトが解決しようとしている課題が何か、それをどのように解決していくべきなのか、という本質の部分のブレが最小限に抑えられます。

この授業では、ココナラでの経験を踏まえて、その「UX Study」を実践するための具体的なプロセスや、実際にどのようにサービス・プロダクト開発に採り入れていけばいいのか、についてお話しします。

授業の特別ゲストとして、スクーのデザイナーさんにもお越しいただき、ITスタートアップ2社がどんな形でユーザー体験を考えているのかについても触れられればと思います。

■こんな方にオススメ

・ITスタートアップを立ち上げようとしている(または立ち上げている)起業家
・企業で新規事業を企画立案する方
・サービス全体を統括するデザイナー

新規事業企画のためのUX Study-ユーザー体験を考え、サービスに落としこむ方法(全1回)

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    03:07  (00:12 ~ )
    ココナラとは
    02:19  (03:19 ~ )
    新規事業企画のための UX Study
    03:07  (05:38 ~ )
    UXデザインの3階層
    11:15  (08:45 ~ )
    仮説の設計
    07:17  (20:00 ~ )
    スクー上羽先生と対談:スクーでもビジネスモデルを設計する際に、ユーザーValueも始めに定義したんですか?
    02:53  (27:17 ~ )
    スクー上羽先生と対談:スクーの生放送は誰にとってのValueだったんですか?
    01:57  (30:10 ~ )
    スクー上羽先生と対談:スクーで行った工夫などはありますか?
    01:23  (32:07 ~ )
    スクー上羽先生と対談:スクーを考えた時に、生徒の「ぺルソン」とは?
    09:48  (33:30 ~ )
    Q:KPI、CVR、CGMの示す意味を教えて下さい。
    03:55  (43:18 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:すごく初歩的な質問で恐縮なのですがUXを学ぶ際、どういう風に学ばれたのでしょうか…?実践?書籍?すごく気になります…!
    03:32  (47:35 ~ )
    Q:ココナラさんのFeasibility Studyについてですが、プロジェクトメンバー(?)とか、メンバー構成や役割分担ってどんな風にされていましたか?
    01:25  (51:07 ~ )
    Q:KPI等の定量データについては理解しましたが、ココナラ・スクーが考える定性データを得るために行っている事例・手法などありますか?
    01:32  (52:32 ~ )
    Q:先生が過去に受けた最大のパッションは、どんなものでしょうか?
    01:31  (54:04 ~ )
    Q:KPI設定を間違っていたら・・・
    00:43  (55:35 ~ )
    レポート課題発表
      (56:18 ~ )