おためし受講中

「生き方・働き方」の技法(写真家・クリエイター:桐島 ローランドのキャリアインタビュー)

あなたが思い描く理想の人生はどんなものですか?
また、「自分の人生を自身でデザインしている」という自覚はありますか?

この授業は、受講者の皆さんが、自分の人生を自立的・自律的にデザインしていくための授業です。各業界で活躍する様々なキャリアを歩んできたゲストの先生がどのような生き方・働き方の技法を積み上げてきたのかを、インタビュー形式で迫っていきます。

今回のゲストは、写真家・映像作家・クリエイターの桐島 ローランド先生

桐島 ローランド先生ってどんな人?━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1968年横浜生まれ。小学校3年でNYへ移住。ニューヨーク大学・芸術学部写真科を卒業。ニューヨークで写真家として活動を始め、1993年、活動の拠点を東京に移す。父親はアメリカ人、母親は作家の桐島洋子。長姉はモデル・女優の桐島かれん。次姉はエッセイストの桐島ノエル。2002年に結婚。子煩悩な二児の父親。2007年のダカール・ラリーにモーターサイクル部門で初参戦し、完走。趣味 : 茶道・バイク━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本とアメリカのアイデンティティを持つ桐島先生のキャリア形成の方法。ファッションモデル、写真家、バイクライダー、スタジオの経営、そして参議院選の出馬など、幅広い活動家の桐島先生が日本を変えようとする理由。

受講生の皆さんからも生放送中に質問を募りながら、桐島先生がデザインしてきたキャリアについて一緒に振り返っていきます。

 

▼「生き方・働き方の技法」特別質問授業一覧▼


【第1回】「錦織圭はなぜ強いのか?」についてテニス界の重鎮・神和住純先生に生放送で質問しよう!

【第2回】映画監督の紀里谷和明先生に「クリエイティブを生むための発想法」について生放送で質問しよう!


● 法政大学 キャリアデザイン学部 カリキュラム特設ページ:
http://schoo.jp/campaign/2014/hosei_univ

 

参考サイト/予習教材

法政大学--「生き方・働き方」の技法(全11回)

学生代表

  • 大迫 茉侑

    大迫 茉侑

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    02:41  (00:13 ~ )
    ローランドさんの形成期
    03:06  (02:54 ~ )
    ニューヨークへの移住・生活
    03:00  (06:00 ~ )
    Q:桐島先生は、反抗期とかありましたか?色々と大変な思いをして、反骨心みたいなものもあったのでしょうか?
    03:04  (09:00 ~ )
    ニューヨーク大学進学の目的
    03:16  (12:04 ~ )
    ニューヨーク大学芸術学部時代
    03:34  (15:20 ~ )
    人生の中で一度ストイックなことをやっておく
    01:51  (18:54 ~ )
    Q:先生が写真を撮るときに大切にしているものはありますか?また先生がこれは写真におさえたいという瞬間を教えてください。
    04:26  (20:45 ~ )
    写真家としての「構え」と「まなざし」
    03:19  (25:11 ~ )
    写真は在るものをカタチにする
    01:56  (28:30 ~ )
    マルチな趣味が創り出すライフ
    02:23  (30:26 ~ )
    アメリカ人の趣味事情
    03:38  (32:49 ~ )
    参議院 東京選挙の経験
    04:20  (36:27 ~ )
    桐島ローランドを生きる
    04:43  (40:47 ~ )
    何を創りだしていくのか
    03:10  (45:30 ~ )
    世界中を訪問した桐島ローランドが語る 日本の〈ポテンシャル〉
    04:55  (48:40 ~ )
    Q:先生は日本の女性についてどう思われますか?グローバル視点での良さや美しさがあれば教えてください。
    04:48  (53:35 ~ )
    レポート課題発表
      (58:23 ~ )