おためし受講中

資金調達を行う前に、これだけは押さえておきたい「投資契約」の交渉ポイント

この授業では、これから起業しようとしている方や、現在起業していて資金調達を考えている方に向けて知っておいていただきたい、「投資契約」についてお話しします。

投資契約とは、起業家が、ベンチャーキャピタル等の投資家から出資を受ける際に締結する、投資の条件等を定めた契約のことを言います。

この投資契約は、一般的な契約よりも分量が多く内容も複雑です。また、起業家はお金を出してもらうという立場もあり、投資家と強気に交渉しにくい場合もあります。そのため、起業家が、投資契約の内容を十分に理解せず、ついつい投資家の提示した投資契約をそのまま締結してしまうという傾向がみられます。しかし、当然のことですが、投資家の提示した投資契約は投資家に有利な内容で作られており、中には、そのまま受け入れてしまうと起業家にとって大きなリスクとなる条項も含まれています。

そこで、今回は、

・投資契約の構造の理解
・起業家の立場から最低限おさえておきたい投資契約の交渉ポイント

上記の2点についてみなさんに学んでいただければと思います。本授業を通して、ただ資金を調達するだけでなく、投資の条件についても投資家と対等に渡り合えるスキルを身に付けて下さい。

この授業の先生

学生代表

  • 塩原 桜

    塩原 桜

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます