おためし受講中

TOEIC学習のプロが教える、3カ月で600点を目指す超特訓:Part 2対策編

年間250万人近くの方が受けるTOEICテスト。多くの日本企業がこのTOEICの点数を、英語の基礎スキルチェックの指標にしているため、海外志向の強いビジネスパーソンにとって高得点を取得することは、海外で働く第一歩となっています。しかしながら、

「TOEICと聞くだけで、気分が落ち込む。でも、目標のスコアがある」

このようにおっしゃる方は非常に多いです。もしこの状態から脱出したいならば、英語学習コンシェルジュのporpor(ぽるぽる)としてもしられる渡邉淳先生と一緒に集中的に取り組んでみませんか?

※扱う教材は、コスモピアより出版されている『超リアル模試600問』です。受講される際に同書を用意していただけるとより効率よく学べますので、ぜひご用意下さい

※授業は基本的に自前の予習がなくても受講できるようなプログラムで構成しておりますので、ぜひ気軽に参加してみて下さい

■3カ月でTOEIC200点アップ

今回のカリキュラムでは、現在TOEICスコアが400〜500点程度の方々が授業を通して200点アップすることをゴールとしています。

※使用教材:『TOEICテスト 超リアル模試600問』(コスモピア)。受講される際(第2回以降)に同書をご用意ください
※自前の予習は不要です。「TEST 1」の数問を利用して、授業の中で問題演習行います。残りは宿題として課されます
※本番同様、マークシートをご準備いただくと、問題演習が一層効果的になります

第3回目の今回は、Part 2に焦点を当てて、以下の様な内容で授業を進めます。
・Part 2の概要
・問題回答のコツ
・問題の再チャレンジ
・解説
・実際に取り組んで効果が出た「復習方法」

のんびりと、だらだらと取り組んでいては、成果が出るまでに時間が掛かるのは当然です。その時間が掛かる間に、やる気がどんどんとなくなってしまいます。ですから、目標スコアを達成するためには、短期間に集中するほうが圧倒的に効率が良いのです。以下に、今回予定しているカリキュラムについてお知らせしておきます。

第一回の授業で渡邉先生が教えてくださった「3ヶ月でTOEIC スコア を200点アップしていくための方法」についてご紹介。前回の授業は下準備でしたので、以下のまとめや前回の授業の録画授業をチェックしてみてくださいね!また、授業には「受けたいボタン」を押してスケジュールに登録しておきましょう。継続こそが力になります!

【過去の授業内容】3ヶ月でTOEICスコアを200点アップ出来るか?


TOEIC対策/試験対策/スコア200点アップの方法
3ヶ月でTOEICスコアを200点アップさせるために、渡邉先生がこの特訓カリキュラムの前回授業でご紹介していただいたのは、以下の3点。

1. 覚悟+継続
2. Listening 主体
3. 前から理解

この「3カ月で600点を目指す超特訓」では、上記の3点に注目して学んでいきます。

使用するテキストは、『TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付) 』(花田 徹也)です。授業中に一緒に「Listening」主体で学習法などを伝授していきます。

TOEICテスト超リアルもし600問/TOEIC対策/試験対策/スコア200点アップの方法


【学習のポイント】「聞き方/発音」の理解


TOEIC対策/試験対策/スコア200点アップの方法/TOEICリスニング対策

上はスライドからの抜粋ですが、このようにTOEICのスコアアップをするための「聞き方、発音」について授業をしていくので、授業中にモニタの前で一緒に発音をしながら学習していきましょう。

子音と母音がつながったり、前置詞の発音は意識しないと理解しにくくなってきます。ぜひ授業中に声に出してみてくださいね。

TOEIC対策/試験対策/スコア200点アップの方法/TOEICリスニング対策

また、英語の配置についても同様です。「主語(誰が・何が)→動詞(どうした)」という流れを強く意識していくと、英語が読みやすく、聞きやすくなっていきます。簡単な英文だからといって気を抜かず、「音と配置」を意識を集中していきましょう。
 

【良い目標設定とは?】TOEIC200点アップ達成の下準備


「偽物の目標設定」があるという渡邉先生。例えば以下の目標。

「出来る限り早く、良いスコアが欲しい」

これは、目標のようで目標になっていないことを掲げがちです。目標は出来る限り具体的に、そして周りに宣言することが大事だそうです。

KNOW YOURSELF
ノートやメモ帳に、「現在のスコア」と「目標のスコア」を表にして書いておくとよいでしょう。「Listening」「Reading」それぞれでかきましょう。

WHEN
また、「何年の何月に」ということも同じページに明確に書きましょう。

IMAGINE
そして、自分が目標のスコアを取得した時に、どのような自分になっているのかということを書きましょう。

SAY IT
宣言効果というように、目標を他の人に言うことが大事です。

カリキュラムは全12回を予定していますが、TOEICは毎月実施されています。教科書を準備して目標設定をきちんとして、間違いのない学習法でTOEICの点数アップを目指しましょう!

以下にこれからのカリキュラム内容をご紹介! それぞれの授業の「受けたいボタン」を押してスケジュールに登録しておきましょう。


■カリキュラム内容(予定)

①「覚悟」+英語への「親しみ」
②身の回りが英語表現で豊かになる「Part 1」の攻略法
③日常で使える表現があふれた「Part 2(基本編)」の攻略法
④英文の形が見える!すぐに解ける「Part 5(基本編)」の攻略法
⑤活きた会話を聞き取り、使える表現を盗む「Part 3」の攻略法
⑥フォーマルな話し方を知る「Part 4」の攻略法
⑦正確に、かつテンポよく読む方法を学ぶ「Part 7(シングルパッセージ編)」の攻略法
⑧返事のパターンを楽しむ「Part 2(発展編)」の攻略法
⑨語彙力を豊かにする「Part 5(発展編)」の攻略法
⑩Part 5とPart 7を意識して触れる「Part 6」の攻略法
⑪情報をうまく処理しなくてはならない「Part 7(ダブルパッセージ編)」
⑫まとめ

※上記はあくまで予定です。カリキュラム内容は、予告なしに変更される可能性がございます

今回お伝えする内容は、渡邉先生が日々試行錯誤をしてたどり着いた、TOEICの攻略法となります。3カ月だけ覚悟をして取り組んでくだされば、必ず皆さんの目標スコアにたどり着くと信じています。

「海外で働くためにもTOEICの点数を上げたい」
「会社の昇進・昇格のためにもTOEIC最低600点は取りたい」
「将来的に海外で働くことを視野に入れると、TOEICも勉強しておきたい」

そんな方は、ぜひこの授業を通して自分の手で目標のスコアをたぐりよせましょう。

参考サイト/予習教材

学生代表

  • 未定

    未定

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF