おためし受講中

ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント

万人にとって「時間は有限」です。どんなにあがいたところで、過ぎた時間が戻ることはありません。「時間は貯金できない」という格言もあるように、時間は保存することもできず、誰のもとにも平等です。

現代のビジネスパーソンはすべからく忙しくしています。とりわけ管理職と言われる人たちは、マネジメントに時間を割かれながら、プレイヤーとしてのパフォーマンスを期待され、「時間がない!」と叫び続けています。

しかし、優れた人ほど、「忙しい」とは言わないもの。時間は「作るもの」であり、「ひねり出す」ものなのです。

この授業では、忙しいビジネスパーソンのために「どうすれば時間がひねり出せるのか」についてを、豊富な具体的事例をベースにお伝えしたいと思っています。

時間の有効な使い方を学んでいただきながら、組織を活性化し、業績も伸ばしていけるようになれば、あなたも周囲から「デキル人材」と思われるはず。この機会にそのヒントをひとつでも獲得してください。

なお、本授業は著書『課長の時間術』を参考にお話していきますので、もしよろしければ事前予習にお読みいただけると幸いです。

ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント(全1回)

学生代表

  • 鈴木 満里乃

    鈴木 満里乃

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    01:22  (00:13 ~ )
    質問:アポイントを取るときに、どのくらいの長さを取りますか?
    03:30  (01:35 ~ )
    ビジネスリーダーが忙しい理由
    01:23  (05:05 ~ )
    問題:あなたは営業マネジャーで、ある日のスケジュールの優先順位を考えるケーススタディです。
    04:50  (06:28 ~ )
    「何を優先すべきか」の観点
    06:31  (11:18 ~ )
    優先順位の高い仕事は?
    04:51  (17:49 ~ )
    「任せる」についてのポイント
    03:15  (22:40 ~ )
    パレートの法則
    01:17  (25:55 ~ )
    「すぐ活用できる時間術」:「自分へのアポイント」をスケジュール表に入れる
    01:54  (27:12 ~ )
    「すぐ活用できる時間術」:「やること」を決める前に、「やめること」を決める
    02:13  (29:06 ~ )
    「すぐ活用できる時間術」:書類は読んだときに処理し、着手しないのなら読まない
    03:08  (31:19 ~ )
    「すぐ活用できる時間術」:納期の確認と同時に、着手日も確認せよ
    02:16  (34:27 ~ )
    「すぐ活用できる時間術」:月曜の朝は、必ず上司のその週のスケジュールを把握しておく
    02:30  (36:43 ~ )
    定例会議を疑え!会議には必ず目的がある。目的別の5つの会議の種類
    06:23  (39:13 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:休日の定例会議は危険でしょうか?
    03:28  (45:36 ~ )
    Q:社内のコミュニケーションにチャットを多用することについてどう思いますか?
    00:50  (49:04 ~ )
    Q:田中先生はプライベートな時間のマネージメントはどのようにされていますか?
    01:57  (49:54 ~ )
    Q:部下や仲間に仕事を依頼するのが、どうしても苦手で自分で行おうとしてしまいます。どうしたら人に頼むのが上手くなるでしょうか?
    01:39  (51:51 ~ )
    Q:田中先生は提示定時前後の時間の使い方についてどう思いますか?
    01:01  (53:30 ~ )
    Q:予定が何らかの理由で押してしまった場合の時のために予備の時間は確保していますか?
    00:50  (54:31 ~ )
    Q:仕事遅い人が残業増える→残業代が増える、これが理解できないです。
    00:33  (55:21 ~ )
    Q:仕事がかなり多いので、断りたいのですが、どうやって断ればよいでしょう。
    01:12  (55:54 ~ )
    レポート課題発表
      (57:06 ~ )