おためし受講中

世界で通用する、相手に行動してもらうための英語交渉術【基本編】

■英語で自分のやってほしい事を相手にお願いする方法

この授業では、「英語で交渉する」をテーマにお話しします。

日本人同士のコミュニケーションならば、阿吽の呼吸があったり、暗黙の了解があったりと、言葉を交わさなくても理解してくれる部分はありますが、グローバルでは通用しません。さらに、海外の人は物事に白黒つけたがる傾向にあるため、「相手に何をしてほしいか」を正確に伝えないといけません。

そこで今回は基本編ということで、「自分の意志を伝え、相手に動いてもらう」ことを意識した英語コミュニケーションについて学んでいきましょう。


■お話するポイント

・自分が「相手に何をして欲しいか」を、整理しよう
・「やって欲しいこと」の優先順位が高いものを支持するための英語交渉術
・お互いが気持よく交渉できた、と思わせる交渉の締め方

学生代表

  • 未定

    未定

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます