おためし受講中

イノベーションを生み出す思考フレームワーク

この授業では、斬新でイノベーションを起こしそうなアイデアを発想する思考方法とプロセスを実践的に学べます。

また、こうしたイノベーション創出手法を、企業内の業務プロセスにどのように組み込んだり、普段どのように活用したりすればよいのかについても、実践的な知見を適宜共有します。

2050年の未来社会を思い浮かべてください。

知性の面では、既にコンピューターが人間の能力を上回っているかもしれません。

そうした未来社会の中で、私たち人間が依然として得意であり続ける仕事は、何でしょうか?

今のところ人間だけが持つ「創造性」というのはキーワードの一つと言えるでしょう。

そこに、社会全体がイノベーション創出の必要性について言及したり、私たち一人一人も何か新しい価値を提供出来る人材になりたいと考えたりする本質的な理由がありそうです。

今回の授業では、イノベーション教育を手がける東京大学i.school(イノベーションスクール)で実践・研究され普段は東京大学生のみが受講可能な、イノベーション創出の思考方法や検討プロセスについて、その一端を特別にご紹介します。

また、授業の中では、思考方法やプロセスの解説と共に、実際に受講者の皆さんお一人お一人に、「未来のロボット」のアイデアを考えてもらいます。

参考サイト/予習教材

イノベーションを生み出す思考フレームワーク(全1回)

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    01:41  (00:14 ~ )
    便利なウンチク
    05:32  (01:55 ~ )
    「人」の役割
    07:07  (07:27 ~ )
    どんな事例がイノベーションだと思いますか。
    04:41  (14:34 ~ )
    イノベーションのステージ
    06:09  (19:15 ~ )
    イノベーション創出プロセス
    04:06  (25:24 ~ )
    アイデア創出:練習(1)
    19:22  (29:30 ~ )
    アイデア創出:定石を試す(2)
    00:31  (48:52 ~ )
    ①思考戦略策定
    00:17  (49:23 ~ )
    ②既存アイデアの解体
    10:00  (49:40 ~ )
    ③アイデアの強制発想(1,ホバリング2,ドラえもんの手)
    19:22  (59:40 ~ )
    まとめ
      (1:19:02 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:『目的』を固定した場合はどういうふうに強制していけばいいでしょうか。
    02:25  (1:19:50 ~ )
    Q:イノベーションの為にヒアリングする際に注意すべき点はありますか。
    02:25  (1:22:15 ~ )
    Q:アイデアを思いついた時は、人に話すべきでしょうか。
    03:20  (1:24:40 ~ )
    Q:収束の観点自体を決める方法はありますか。
    01:29  (1:28:00 ~ )
    Q:目的と手段を分離して生まれた具体的なアイデア事例はありますか。
    00:41  (1:29:29 ~ )
    Q:手詰まった時はどうしてますか。
    01:30  (1:30:10 ~ )
    Q:思いついたアイデアはメモに残した方がいいですか。
    00:30  (1:31:40 ~ )
    Q:「視野が狭まってきた」など出口が見えなくなった時どうしてますか。
    02:30  (1:32:10 ~ )
    Q:アイデアを収束させるときグルーピングは有効ですか。
    01:50  (1:34:40 ~ )
    Q:思いついたアイデアを実現させる手段の例はありますか。
    01:50  (1:36:30 ~ )
    課題発表
      (1:38:20 ~ )