おためし受講中

ビジネスに活かす「決断の統計学」入門【その1】

「統計学が最強の学問である」「もっともセクシーな職業は統計学者」

最近はビジネスの世界でも「統計学」がもてはやされています。

一過性のブームではない新たな潮流になりつつあります。

でも中には「難しすぎてわからないから、自分はいいや」と敬遠している方もいらっしゃるかもしれません。

またもしかしたら、「統計なんて、本当に役に立つのか?」と疑いを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、私はこう断言できます。「統計は簡単。文系の人にとってもビジネス統計は理解できる。しかも、これからのビジネス・パーソンに不可欠と。

たしかに、統計学を体系的にきちんと学ぼうとすれば、相当小難しい数学が必要です。しかし実際にビジネスの現場で生かされている「統計」は、実は、簡単な算数とビジュアル・イメージ(要は、「グラフ」ですね。それも中学校レベルで充分です)で理解できるものが少なくないのです。

さらに、何より困ったことに、データがあふれるこれからの時代、「統計」を知らないと的確な判断ができなくなってしまいます。

そこで、この講義ではまず、「統計の読み方」を学びます。実は、世の中にあふれている様々な数字とそれを根拠とした「解説」は、実は、統計的には誤ったものも少なくありません。こういった統計数字に惑わされず、本質を見極めるためのコツをお伝えします。

それを踏まえて、ビジネスの現場で使われている統計手法を学びます。統計数字が実際のビジネス・シーンにどう活用されているのか。どのようにして企業の意思決定を支援しているのか。その要点を皆様と共に学んでいきたいと思います。

「これから統計を仕事に生かしていこうそう思っていただけるように。それがこの講義の目標です。

参考サイト/予習教材

ビジネスに活かす「決断の統計学」入門【その1】(全1回)

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    04:48  (00:18 ~ )
    日本の若者は内向きだ!って本当?
    05:44  (05:06 ~ )
    統計に惑わされないための5つの原則:足りないデータは何か?
    07:30  (10:50 ~ )
    統計に惑わされないための5つの原則:言っていることがズレてないか?
    05:35  (18:20 ~ )
    統計に惑わされないための5つの原則:意味があるのか?
    11:02  (23:55 ~ )
    統計に惑わされないための5つの原則:どういう方法でわかったのか?
    08:06  (34:57 ~ )
    統計に惑わされないための5つの原則:誰がそう言っているのか?
    02:52  (43:03 ~ )
    まとめ
    02:37  (45:55 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:統計学に関して多い質問はありますか?
    00:58  (49:45 ~ )
    Q:統計は自分のメッセージを強化するように教えられてきました。あえてねじ曲げていた部分もあったかと思いますが、それは如何にして避けていけばいいのでしょうか?
    01:55  (50:43 ~ )
    Q:統計を読み取るには、瞬発的な判断が必要になると思いますが、どのようにすれば鍛えられますか?
    00:45  (52:38 ~ )
    Q:先生は雑誌や新聞などのメディアでグラフが出たとき、一番最初に見るポイントはどこですか?
    00:53  (53:23 ~ )
    Q:インターネットでアンケートを答える際に、注意するポイントはありますか?
    02:38  (54:16 ~ )
    Q:統計(分析)をする目的・目標はどのように共有すべきでしょうか?
    01:36  (56:54 ~ )
    課題発表
      (58:30 ~ )