おためし受講中

実践行動ファイナンス入門 - マーケットの理論を概観する

「投機」と「投資」は何が違うのでしょうか?日本人は投資に対して投機のイメージを持つことが多いですが、投資と投機は全く異なります。一般の人に「投機」は勧められませんが、「投資」は長い人生における資産形成を考える上で大変重要です。投資理論をしっかり理解して計画的に過ごす人と、無計画に過ごす人では、将来資産に大変な違いがでてきます。

この授業では「行動ファイナンス」という新しいファイナンス理論を学びます。「行動ファイナンス」は、普段私たちがいかに非合理的に考え、間違った投資をしてしまうかということを明らかにします。まずは、ファイナンスの基礎から学び、行動ファイナンスが教えてくれる投資の罠を学びましょう。本授業をしっかり学習すれば、これからの金融市場をどう読んでいけば良いかについて、羅針盤を手にすることができるはずです。

 

マーケットの理論を概観する

為替市場、金利市場、株式市場、商品市場、世界のあらゆる市場は,その背景に決まり方のロジックがあります。適当にきまっているのではありません。また,それぞれは結びついていて,金利市場で起こったことが,為替市場に波及し,また株式市場にも影響を与えています。投資の巧者(例えばヘッジファンドなど)は、各市場の理論的な結びつきをきっちりおさえているだけでなく、そこに参加している人達の思惑や感情をも考慮に入れながら取引しています。2限目では、マーケットの理論を学びます。

 

【スクーを通じて、もう一度大学へ】
スクーでは全国10の大学と連携し、ビジネスパーソン向けに、大学ならではの授業を開講しております。早稲田大学・関西学院大学・法政大学などはじめとする日本全国の大学が誇る名授業を通じて、仕事に活きる教養を身につけられます。

スクー×全国10大学(2015年版)はこちら
https://schoo.jp/campaign/2015/univ_2015

学生代表

  • 塩原 桜

    塩原 桜

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    01:10  (00:13 ~ )
    前回の復習
    03:53  (01:23 ~ )
    インフレについて
    02:50  (05:16 ~ )
    受講生への質問1:どうして,デフレ経済だと金融政策が効果を発揮しにくいので しょうか?
    03:29  (08:06 ~ )
    マーケットはどの程度のインフレを予測しているのでしょう?
    07:40  (11:35 ~ )
    受講生への質問2:さて,インフレ期待があるとき,イールド・カーブはどう変化す るでしょうか?
    02:45  (19:15 ~ )
    為替レートの決まり方
    04:57  (22:00 ~ )
    受講生への質問3:今,米国の中央銀行FRBが利上げしました。さて、以下のうち正 しいのはどれでしょう?
    04:24  (26:57 ~ )
    株価の決まり方理論
    08:52  (31:21 ~ )
    受講生への質問4:第1限目で「ハイリスク・ハイリターン」を学びましたね。この ロジックで考えると,どういう株が長期的リターンが高いでしょ うか?
    06:24  (40:13 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:どんなときにイールドカーブはフラットになるのでしょうか?
    01:51  (46:37 ~ )
    Q:将来の予測が出来ないのに何故予約レートの計算が必要なのですか?
    03:22  (48:28 ~ )
    Q:為替予約とは、いわゆる為替ヘッジのことですか?
    01:35  (51:50 ~ )
    Q:10~20年で下がる予測、というのもありえるんでしょうか?
    02:04  (53:25 ~ )
    岡田先生からの宿題
      (55:29 ~ )