おためし受講中

実践行動ファイナンス入門 - 人間のバイアスとマーケット

「投機」と「投資」は何が違うのでしょうか?日本人は投資に対して投機のイメージを持つことが多いですが、投資と投機は全く異なります。一般の人に「投機」は勧められませんが、「投資」は長い人生における資産形成を考える上で大変重要です。投資理論をしっかり理解して計画的に過ごす人と、無計画に過ごす人では、将来資産に大変な違いがでてきます。

この授業では「行動ファイナンス」という新しいファイナンス理論を学びます。「行動ファイナンス」は、普段私たちがいかに非合理的に考え、間違った投資をしてしまうかということを明らかにします。まずは、ファイナンスの基礎から学び、行動ファイナンスが教えてくれる投資の罠を学びましょう。本授業をしっかり学習すれば、これからの金融市場をどう読んでいけば良いかについて、羅針盤を手にすることができるはずです。


人間のバイアスとマーケット

1限目ではリスク回避的指向と株式プレミアムについて学びました。ただ、この大原則を知っていても、本当に株式プレミアムを受け取ることができる投資家は一部だけなのです。それは、感情や思い込みに左右される私たちの心に問題があるからです。投資家一般にどういうバイアスが明らかになっているのか、その一端を簡単な実験を通じて学習していきましょう。

 

【スクーを通じて、もう一度大学へ】
スクーでは全国10の大学と連携し、ビジネスパーソン向けに、大学ならではの授業を開講しております。早稲田大学・関西学院大学・法政大学などはじめとする日本全国の大学が誇る名授業を通じて、仕事に活きる教養を身につけられます。

スクー×全国10大学(2015年版)はこちら
https://schoo.jp/campaign/2015/univ_2015

学生代表

  • 未定

    未定

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    01:04  (00:13 ~ )
    前回の復習
    04:21  (01:17 ~ )
    1回目の宿題の確認
    02:35  (05:38 ~ )
    2回目の宿題の確認
    05:49  (08:13 ~ )
    株価を決める基本式
    03:14  (14:02 ~ )
    受講生への質問
    05:16  (17:16 ~ )
    プロスペクト理論
    05:59  (22:32 ~ )
    ギャンブラーの誤謬とホットハンドの誤謬
    10:14  (28:31 ~ )
    ベイズ確率更新
    04:36  (38:45 ~ )
    専門家でさえもバイアスに支配されている!
    07:05  (43:21 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:株価指数に投資するとうのは、ETFに投資するということですか?
    00:36  (50:26 ~ )
    Q:日本市場と、米国市場で全く投資やビジネスに対してのスタンスが違うと思いますが。
    00:48  (51:02 ~ )
    Q:株式指数だけでなく、いろんな資産に分散投資するものもありますが、分散というのはリスク回避になりますか?
    00:42  (51:50 ~ )
    Q:最近はレバレッジをかけた株価指数EFTがありますが、理論的にはそちらに投資するべきということですか?
    00:39  (52:32 ~ )
    Q:利確・損切りに慣れればスーパーファンドに投資しても良いのでしょうか?
    00:59  (53:11 ~ )
    Q:株価指数に投資するということで、市場全体に分散投資していると考えていいですか?
    00:51  (54:10 ~ )
    Q:岡田先生の言うとおり、全員投資家が行動した場合、金融業界的にはどんな動きになりますか?
    00:42  (55:01 ~ )
    Q:投資信託でも高いリターンがあるものがありますが、それは一時的なものと考えた方がいいのでしょうか?
    01:09  (55:43 ~ )
    Q:仮に中国の株価指数に投資することは賢明だと思いますか?
    01:41  (56:52 ~ )
    レポート課題発表
      (58:33 ~ )