おためし受講中

エンジニア向けのリーダーシップ - 定義とメカニズム

 京都工芸繊維大学では理工系ビジネスリーダー(Tech Leader)を育成するための産学連携型リーダーシップ開発型のカリキュラムを2015年度より開講します。産業界•地域社会から求められている21世紀型能力「コミュニケーション力、リーダーシップ、課題解決力」を段階的に育成する課目トラックです。
 このコースでは「リーダーシップ開発」に焦点を絞り、一人一人の個人の持つリーダーシップを定義し、周囲を巻着込めるような行動計画を設計するところまでを目標とします。

1限目「定義とメカニズム」篇

1限目では、各個人によってさまざまなイメージのある「リーダーシップ力」という能力について考えてみます。「リーダーシップのある人」とは?その能力にはどんなものがあるのか?その能力についてを、定義をし、それを構成する要素について考えながら学びます。そしてどのような形で段階的にそれを身につければ効果的かを学び2限目につなげます。


リーダーシップ能力とは?

リーダーシップの開発手法は比較的新しい学問領域です。米国で1990年代ごろから広く普及し、現在では約1000の米国内大学でリーダーシップ開発の講義が実施されています。生まれ持った能力ではなく、だれでも発揮できる能力としての「リーダーシップ」を理工系・エンジニアリングの人材の方々にもぜひ身に着けてほしいと思います。

 

【スクーを通じて、もう一度大学へ】
スクーでは全国10の大学と連携し、ビジネスパーソン向けに、大学ならではの授業を開講しております。早稲田大学・関西学院大学・法政大学などはじめとする日本全国の大学が誇る名授業を通じて、仕事に活きる教養を身につけられます。

スクー×全国10大学(2015年版)はこちら
https://schoo.jp/campaign/2015/univ_2015

 

学生代表

  • 未定

    未定

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    02:27  (00:13 ~ )
    質問
    02:54  (02:40 ~ )
    ステレオタイプなイメージ?
    02:02  (05:34 ~ )
    質問 企業(人事)が、理工系大学の学生を採用する際に「求める能力」ってどんな能力だと思いますか?
    02:26  (07:36 ~ )
    理工系大学卒業生採用での重視点
    03:45  (10:02 ~ )
    学習と実社会の違い
    04:13  (13:47 ~ )
    質問 「リーダーシップのある人」と聞いて、誰をイメージしますか?
    04:35  (18:00 ~ )
    リーダーシップとは何か?
    01:57  (22:35 ~ )
    質問 理工系出身のリーダー、といって思い浮かべる人は誰ですか?
    03:22  (24:32 ~ )
    自分の中の「リーダー」を探す
    04:15  (27:54 ~ )
    リーダーは「チームのゴールを描く」
    02:03  (32:09 ~ )
    リーダーのなすべき役割
    03:20  (34:12 ~ )
    質問 明日から(自分のリーダーシップを向上させるために)何にトライしますか?
    03:15  (37:32 ~ )
    米国のリーダーシップ教育の事例
    02:37  (40:47 ~ )
    まとめ
    01:03  (43:24 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:アメリカ以外の国ではリーダー教育の状況はどうなんでしょう?
    00:50  (46:50 ~ )
    Q:日本ではリーダーシップの教育が、一般では、あたりまえではなくスポーツの分野で発展しているのですか?
    00:56  (47:40 ~ )
    Q:リーダーシップ教育が盛んだと、リーダーだらけになりはしないでしょうか?
    01:45  (48:36 ~ )
    Q:リーダーシップを学ぶ為には、社外の何かしらのグループに所属することが望ましいのでしょうか?
    02:11  (50:21 ~ )
    Q:リーダーシップをとってみた結果のフィードバックを、日本はなかなかもらえなさそうだな、と思いました。
    01:17  (52:32 ~ )
    Q:日本人は「リーダーになるのは恥ずかしい」と考える人が多いのではないかと思います。
      (53:49 ~ )