おためし受講中

新しい価値観、「イケハヤ的価値観」とはなにか?

「大変革期のビジネスチャンス、キャリアチャンス」

3回目:イケハヤ的価値観が主流になる

プロブロガーのイケダハヤト論。彼の主張は賛否両論で炎上することも多いが、枝葉末節にこだわらずに彼の主張の根幹部分だけ見れば、若い世代に共通する考えであることが分かる。こうした考えが若さゆえの甘さなのか、それとも社会を襲う価値観変化の津波なのか。それを見極めることが時代を読む上で非常に重要になる。

私は彼の主張に対する感情的な反論を見るにつけ、その反論が感情的であればあるほど、反論者の心の奥底にある自分らしく生きたいという欲求の存在の大きさを感じる。そうでなければ、そこまで感情的になる必要はまったくない。イケダさんと考えが違ってもそこまで感情的になっていない人はたくさんいる。

つまりイケダさんを非難する人の中で感情的な人ほど、イケダさんと同じ価値観の芽生えを心の中に持っていると言えるのだと思う。

このイケダさんをめぐる論争から、社会の価値観はイケダさんが主張する方向に流れていくという思いを強くしている。

この価値観の変化を読むことができた人だけが、変化の際の新たなビジネスチャンス、キャリアチャンスをつかめるのだと思う。

新しい価値観、「イケハヤ的価値観」とはなにか?(全1回)

この授業の先生

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    00:32  (00:13 ~ )
    前回のおさらい
    01:50  (00:45 ~ )
    価値観変化
    04:26  (02:35 ~ )
    イケダハヤト師
    09:19  (07:01 ~ )
    イケハヤ価値観を歴史の中で見てみよう
    01:00  (16:20 ~ )
    アルビン・トフラー
    04:25  (17:20 ~ )
    公文俊平氏の講義から
    07:45  (21:45 ~ )
    評価経済社会における上場
    03:30  (29:30 ~ )
    「自分らしく生きる」という価値観
    09:55  (33:00 ~ )
    コミュニティ作りに着手せよ
    06:05  (42:55 ~ )
    儲かるの定義が変わる
    04:50  (49:00 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:オリンピックが開催される年は明るい未来だと思いますか?
    01:33  (55:18 ~ )
    Q:固定費を下げる方法として、地方に住み、農業をするなどがありました。先生はどこか地方に住みたいと思っていますか?
    00:49  (56:51 ~ )
    Q:新しい価値を見つけられない人は将来的に淘汰されちゃうのでしょうか?
    01:07  (57:40 ~ )
    Q:新しい考え方への移行に、3.11は影響があったと思いますか?
    00:57  (58:47 ~ )
    Q:フリーランスのような職業ではなくて、場所に囚われずに働く方法はありますでしょうか?
    00:41  (59:44 ~ )
    Q:自分らしい生き方と子供の教育はどうやって両立させれば、いいのでしょうか?
    02:45  (1:00:25 ~ )
    Q:湯川さんのコミュニティーはどのようなコミュニティーですか?
    01:41  (1:03:10 ~ )
    課題発表
      (1:04:51 ~ )