おためし受講中

ビジネス英会話で3ヶ月シャドーイング -電話の会話 vol.2-

ただ英語を聞き流すだけでは英語のリスニング力は上がっていきません。リスニング力を上げるのに特に効果的なのが「シャドーイング」というトレーニングです。でもいきなりシャドーイングをしようとすると、なかなか難しく続きにくいのも事実です。この授業では、続けやすく、効果を実感しやすい7ステップの「タニケイ式シャドーイング」を、3ヶ月(12週間)一緒に実践していきます。

毎回違うビジネス英会話の題材を使い、使えるフレーズの確認をしたり、必ず知っておきたい英語発音の特徴も説明していきます。英語発音の特徴を捉えることで、リスニング力とともに「英語らしい発音で話せるようになる」という効果も得られます。ぜひ実際に一緒に声を出してトレーニングをしていきましょう!

【7ステップのタニケイ式シャドーイング】
(1) リスニング
(2) ディクテーション
(3) 音読
(4) 黙読&理解
(5) リピーティング
(6) オーバーラッピング
(7) シャドーイング

【30%OFF】EnglishCentralの有料会員特別割引キャンペーン開催【6/18まで】

今回のタニケイ先生のコースを120%活用していただくために、タニケイ先生クラスの受講者の方々限定で、オンライン英語学習サービス『EnglishCentral』よりプレミアム会員利用料の30%ディスカウントを差し上げます!

■期間: 4月2日(木)〜6月18日(木)22:30
■対象者: 以下2つの条件を満たす方
schoo WEB-campusの学生で、ビジネス英語学部に登録している方
EnglishCentral内のタニケイクラスに所属している方

▼30%OFF利用までのステップ▼
①以下のURLから「Schoo Tanikei Shadowingクラス」に参加してください。
http://j.mp/SchooTanikei2015

②EnglishCentralの「無料英語力診断」を受ける方は、診断後に日本人スタッフから診断結果やEnglishCentralについての説明を聞く機会がありますので、その際に「schoo WEB-campusのタニケイクラスを受講して会員登録しました」とスタッフにお伝えください。

③その後サイト上で有料会員にアップグレードし、お支払いいただくと表示価格の30%分がキャッシュバックされます!

*無料英語力診断を受けない方は、サイトで有料会員にアップグレードし、お支払い後、ページ下部の「お問い合わせ」からschoo WEB-campusのタニケイクラスを受講して有料会員登録した旨をお伝えいただくとキャッシュバックされます。
 

◆シャドーイング・トレーニングに使う題材(予定)
第1回 電話の会話(1)
第2回 電話の会話(2)
第3回 電話の会話(3)
第4回 電話の会話(4)
第5回 ミーティングの会話(1)
第6回 ミーティングの会話(2)
第7回 ミーティングの会話(3)
第8回 ミーティングの会話(4)
第9回 プレゼンテーション(1)
第10回 プレゼンテーション(2)
第11回 プレゼンテーション(3)
第12回 プレゼンテーション(4)

学生代表

  • 未定

    未定

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    00:32  (00:13 ~ )
    前回の復習(ビジネスで使えるフレーズ)
    03:10  (00:45 ~ )
    前回の復習(発音チェック)
    02:30  (03:55 ~ )
    リスニング
    03:00  (06:25 ~ )
    ディクテーション
    04:53  (09:25 ~ )
    ディクテーションの答え合わせ
    01:04  (14:18 ~ )
    音読
    03:56  (15:22 ~ )
    黙読&理解
    06:13  (19:18 ~ )
    リピーティング
    02:20  (25:31 ~ )
    発音のポイント
    03:09  (27:51 ~ )
    オーバーラッピング
    04:19  (31:00 ~ )
    シャドーイング
    02:56  (35:19 ~ )
    今回の「ビジネスで使えるフレーズ」
    02:38  (38:15 ~ )
    宿題:セルフトレーニングで シャドーイング練習をしよう!
    07:19  (40:53 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:
    00:53  (48:12 ~ )
    Q:terribleの発音のコツ(rの発音)をもう一度教えてください。numberのrも同じですか。
    02:17  (49:05 ~ )
    Q:ゲーム感覚で楽しく学べます!
    01:56  (51:22 ~ )
    Q:Can you speak up?はちょっと失礼な気がして、Could you speek up?を選びそうです。このケースではあまり気にしなくてもいいですか?
    01:01  (53:18 ~ )
    Q:アメリカとイギリスなど国よって発音や単語の意味が違ったりすることもあるのでしょうか?
    00:48  (54:19 ~ )
    Q:Can you speak up? はビジネス対応の表現ですか?カジュアルではないですか?
    00:39  (55:07 ~ )
    Q:English Centralの発音は、ビデオ中で話す人の特徴や癖をまねることと、一般的な発音を心掛けることと、どちらが方が良い点となるのでしょうか?
      (55:46 ~ )