おためし受講中

ビジネスコミュニケーション力を高める英語の感情表現【謝罪編】

英語で仕事をしたいビジネスパーソンのための「ビジネスコミュニケーション力を高める英語の感情表現」シリーズの授業です。

この授業では、ビジネスパートナーに対して正しく情報を伝えるために必要な感情表現について、覚えておくべきビジネス英語表現やポイントについて学びます。

今回の授業では、「相手に謝るときの英語表現やポイント」についてお話しします。

使用する英語表現はシンプルですが、意外と会話をする際につまずいたり、なかなか出てこなかったりすることも。この授業を通して、英語の表現や使い方のコツなどをしっかり身に付けましょう。
※授業内容は、予告なく変更される可能性がございます

学生代表

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    02:53  (00:13 ~ )
    QUESTION!:“I’m sorry”と“Excuse me” 違いを説明して下さい!
    03:25  (03:06 ~ )
    POINT1:状況に応じた謝罪をしよう!
    02:22  (06:31 ~ )
    Excuse=言い訳が許されるときだけ!
    06:47  (08:53 ~ )
    話し合いが必要な時は安易に謝罪すると危険!
    05:53  (15:40 ~ )
    あやせTIME!:メールで謝罪する際には気をつけなければならない!
    02:15  (21:33 ~ )
    QUESTION!:次の謝罪を伝えてください。
    03:39  (23:48 ~ )
    QUESTION!の回答例
    02:52  (27:27 ~ )
    QUESTION!:このような会話がされていました。 Bさんの言わんとしていることは何でしょう。
    03:01  (30:19 ~ )
    POINT2:謝ってはいない?Sorryの本当の意味
    05:04  (33:20 ~ )
    QUESTION!:次の文章を英語にしてください。
    02:25  (38:24 ~ )
    POINT3:未来のことを謝っておこう
    05:11  (40:49 ~ )
    ビジネス文書の場合はmayを使って起こり得る状況に謝罪する
    03:58  (46:00 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:故人のお悔やみに「I'm sorry」と使いませんか?
    01:16  (49:58 ~ )
    Q:相手の言葉を聞き取れなかった時に「Sorry?」と聞き返すのは、私が聞き取れなかったことを詫びているという意味ですか?
    00:58  (51:14 ~ )
    Q:極めて日本的駆け引きなのですが、表向き謝りつつ相手に譲歩を促す、というニュアンスの謝りかたって、英語でどう表現するんでしょうか?
    01:42  (52:12 ~ )
    Q:apologizeの後のforは入れなくて大丈夫ですか?
    01:54  (53:54 ~ )
    Q:Sorry for = apologize forですが、2つに丁寧さの差はあるのでしょうか?
      (55:48 ~ )