おためし受講中

購買者の変化と現代のマーケティングに求められること【基礎編】

この授業では、マーケティングテクノロジーについて勉強したいとお考えのマーケター、セールス、学生の方を対象に、世の中で起こっている変化と、現代のマーケターに求められる考え方、そしてそれを実現する手法の概要について、基礎的な内容をお話します。

■この授業で学べること概要

・昨今の購買プロセスの変化
・それに対応するサービス提供(企業)の考え方 "エンゲージメントマーケティング"
・マーケティング関連テクノロジーの概要
・次回以降の授業について

などです。

本当の意味でお客様と1対1でエンゲージしていく会社になるために、世の中で起こっている購買スタイルの変化と、そこで求められる対応については、マーケティング部門に所属する方々だけに留まらず、売上プロセスに関わる全ての人が理解しておく必要があります。今後深くそれらを考えていくための導入部分として役立てていただける内容です。

学生代表

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    04:44  (00:13 ~ )
    昨今の購買プロセスの変化
    07:23  (04:57 ~ )
    全てのマーケターにとっての挑戦
    09:37  (12:20 ~ )
    今、求められる”エンゲージメントマーケティング”
    01:00  (21:57 ~ )
    一人の個人として
    03:39  (22:57 ~ )
    お客様がどこにいても
    00:39  (26:36 ~ )
    お客様の行動に合わせて
    01:21  (27:15 ~ )
    長期にわたって途切れることなく
    01:56  (28:36 ~ )
    成果を目指して
    06:22  (30:32 ~ )
    エンゲージメントを実現するマーケティング技術
    02:08  (36:54 ~ )
    カオスマップの分類
    12:57  (39:02 ~ )
    次回以降の授業について
    02:29  (51:59 ~ )
    今回の授業のまとめ
    03:37  (54:28 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:新規顧客獲得や長期でお客様のフォローするにあたっての、小関先生の経験談や実践してることがあれば教えてください。
    03:42  (58:05 ~ )
    Q:追跡の倫理観について、なにかルールはあるのでしょうか?
    01:55  (1:01:47 ~ )
    Q:BtoBの場合、エンゲージメントの「一人」を企業と捉えるか?企業内担当者(個人)と捉えるか?どちらを重要視した方が良いでしょうか?
    01:31  (1:03:42 ~ )
    Q:エンゲージマーケティングに有効性がある業種とそれほど費用対効果がない業種があるのではないでしょうか?
    03:05  (1:05:13 ~ )
    Q:ターゲットの属性が短い場合、有効な方法があれば教えて下さい。
    01:25  (1:08:18 ~ )
    Q:短期的な観点ではなく、長期的な視点でマルチチャネルでエンゲージマーケティングを実践できている企業はあるのでしょうか?
    01:45  (1:09:43 ~ )
    Q:知識を付けるよりもトライ&エラーで実務をどんどん行っていく方が、マーケターとしての感覚を身に付けられるのでしょうか。
    01:21  (1:11:28 ~ )
    Q:フリーミアムも先ほどのプラットフォームに入ってますか?
    01:07  (1:12:49 ~ )
    Q:ITにより情報が氾濫しているからであって、それをどのようにターゲットのお客様に誘導すべきかということが、現代のマーケティングに求められることではないのでしょうか?
      (1:13:56 ~ )