おためし受講中

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜2限目【ジャパンタイムズ特別コース】

本クラスでは、インターナショナルに活躍したいビジネスパーソンに向けて、英語読解力を高める英字新聞の読み方を学びます。教材は、日本の経済ニュースを発信する英字新聞『The Japan Times』。英語を学ぶだけでなく、英語で情報を収集するためのニュースの読み方や、専門用語の解説などを通して、「英語で経済ニュースに触れる」習慣を付けられるようにしましょう。

※第2回目の今回は、4月28日(火)発売の記事を使用する予定ですので、お手元にご用意できる方はぜひお持ちの上授業にご参加ください。授業で使用する新聞(6回分又は 定期購読/ 有料)をご希望の方は、下記のアドレスからお申し込みください。

http://jtimes.jp/schoojt

■第2回目の記事

※余裕がある方は、授業前に読んでおいてください

 U.S. fast food chain Taco Bell Corp. made a much-hyped re-entry into the Japanese market on Tuesday, opening a store in Tokyo’s Shibuya Ward through Asrapport Dining Co., a Japanese operator of restaurant franchises.
 The U.S. restaurant chain, known for its Mexican-inspired menu, operated restaurants in Japan in the late 1980s but later pulled out, with the exception of outlets at U.S. military bases.

 On Tuesday morning, Taco Bell aficionados were out in force, lining up before the doors opened. At 10 a.m., as bells rang, an English-speaking staffer and the mascot, named Taco Man, led customers in one by one.
 The chain’s foray into Japan comes at a time when a handful of U.S. dining chains, including Carl’s Jr. and Shake Shack, are planning to enter the Japanese market, aiming to attract not just domestic customers but also increasing numbers of foreign visitors ahead of the 2020 Tokyo Olympics.

 Melissa Lora, president of Taco Bell International, is optimistic that the firm’s second crack at the nation’s ¥24 trillion restaurant market will succeed, stressing the market environment is better than in the late 1980s.
 “The world has changed,” Lora said. “Back then, no one took pictures of the food. With social media and all the focus on new, interesting foods that are in the world today, we feel now is the perfect time to come into Japan.”
 Unfortunately, prices will also be Japanese-style: Most dishes cost ¥500 or ¥600, with the cheapest taco on the menu — a beef crunchy taco — priced at ¥270.

 Asrapport Dining official Mike Morizumi said the higher prices were inevitable due to the yen’s rapid depreciation over the past two years and because the restaurant chain sees little benefit from economies of scale in Japan at the moment, with just one location. The firm aims to open 15 outlets nationwide within five years, he said.

 Some customers said the prices might be too stiff.
“Taco Bell in America is famous for cheap tacos,” a customer said. “If they cost ¥200 or ¥300, it would be (the same as) a regular restaurant.”

First published in The Japan Times on April 22.

 

「英字新聞の読み方」を学び、実践で身に付ける

授業ではその他にも、ジャパンタイムズ元編集局長・岡田恵介氏が編集した「一番新しい英字新聞の読み方」を参考にしながら、毎回、英字新聞の読み方のポイントをマスターしていきます。

〜「一番新しい英字新聞の読み方」より一部抜粋〜
===============================================
「英字新聞」は「世界基準」準拠、グローバルスタンダードであり、日本の邦字紙の方がローカルスタンダードで、欧米のスタンダードからすると異質ということになるかもしれない。いわゆる「ガラパゴス」状態だ。これはどちらが正しいということではなく、日本の英字新聞の立ち位置がそうであると述べているに過ぎない。初回から理屈っぽい話になってしまったが、これは今の時代、英字新聞を読むことの意義とも深く関連している。つまり、英字新聞を活用し、英文コンテンツを読みこなすコツさえ身に付ければ、紙であれネットであれ、グローバルかつ無尽蔵に広がる英文情報に自由にアクセスできる。
===============================================

■授業アウトライン(予定)
・ウォーミングアップ
・記事を読む際のポイントチェック 
・第1パラグラフを読解
・重要単語解説
・リアルタイム音読
・記事の要約
・記事タイトルの発想
※上記は予告なく変更されれる可能性がございます


全6回の授業を通して英字新聞の読み方をマスターし、英語の情報に抵抗なく触れられるビジネスパーソンへとステップアップしましょう。

学生代表

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF