おためし受講中

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜3限目【ジャパンタイムズ特別コース】

本クラスでは、インターナショナルに活躍したいビジネスパーソンに向けて、英語読解力を高める英字新聞の読み方を学びます。教材は、日本の経済ニュースを発信する英字新聞『The Japan Times』。英語を学ぶだけでなく、英語で情報を収集するためのニュースの読み方や、専門用語の解説などを通して、「英語で経済ニュースに触れる」習慣を付けられるようにしましょう。

※第3回目の今回は、5月26日(火)発売予定の記事を使用する予定ですので、以下より記事内容をご確認ください。授業で使用する新聞(6回分又は 定期購読/ 有料)をご希望の方は、下記のアドレスからお申し込みください。

http://jtimes.jp/schoojt

■第3回目の記事

※余裕がある方は、授業前に読んでおいてください

 As the city of Osaka prepares for Sunday’s unprecedented referendum on the merger plan being championed by Osaka Mayor Toru Hashimoto, most media polls show those opposed to the plan.

The referendum asks voters if they want to  merge the current 24 districts, all of which have representatives in the city assembly. The merger would create five semiautonomous wards, each with its own elected head and assembly.

Hashimoto calls it the only way the city and Osaka Prefecture can eliminate redundant projects, improve efficiency, and spur the city’s economic growth.

 Hashimoto and his local party, Osaka Ishin no Kai, also expect the new wards to be able to compete more efficiently with Tokyo, especially in luring new businesses. They believe the new system will mean increased local democracy.

But Hashimoto’s message has been greeted with confusion, skepticism or both.

Asked about what would happen if, after the merger, the prefecture wants to create a casino resort in one of the wards and the assembly says no, Hashimoto suggested the prefecture could overrule the ward.

 A merger also creates questions about who pays for current and future transportation infrastructure projects. Hashimoto and the pro-merger camp want, essentially, to spread the costs around, especially since many of the projects funded by the city benefit residents who live outside of it.

A poll by the Mainichi Broadcasting System showed opposition to be particularly strong among women. This reflects concern over how social welfare services for children and the elderly would be affected. Those living in less-affluent areas are worried services might decline from a lack of funding from the current city as a whole.

Tokyo is watching events carefully.

First published in The Japan Times on May 16.

「英字新聞の読み方」を学び、実践で身に付ける

授業ではその他にも、ジャパンタイムズ元編集局長・岡田恵介氏が編集した「一番新しい英字新聞の読み方」を参考にしながら、毎回、英字新聞の読み方のポイントをマスターしていきます。

〜「一番新しい英字新聞の読み方」より一部抜粋〜

===============================================
「英字新聞」は「世界基準」準拠、グローバルスタンダードであり、日本の邦字紙の方がローカルスタンダードで、欧米のスタンダードからすると異質ということになるかもしれない。いわゆる「ガラパゴス」状態だ。これはどちらが正しいということではなく、日本の英字新聞の立ち位置がそうであると述べているに過ぎない。初回から理屈っぽい話になってしまったが、これは今の時代、英字新聞を読むことの意義とも深く関連している。つまり、英字新聞を活用し、英文コンテンツを読みこなすコツさえ身に付ければ、紙であれネットであれ、グローバルかつ無尽蔵に広がる英文情報に自由にアクセスできる。
===============================================

■授業アウトライン(予定)
・ウォーミングアップ
・記事を読む際のポイントチェック 
・第1パラグラフを読解
・重要単語解説
・リアルタイム音読
・記事の要約
・記事タイトルの発想
※上記は予告なく変更されれる可能性がございます

全6回の授業を通して英字新聞の読み方をマスターし、英語の情報に抵抗なく触れられるビジネスパーソンへとステップアップしましょう。

学生代表

  • 青島 莉子

    青島 莉子

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF