おためし受講中

『経営戦略全史』を教科書に”使える”経営戦略を学ぶ

経営学という学問の中でも、経営戦略論はその中核と言えます。組織が持つべき「共通の目的」を定めるものだからです。それなくして、組織は存続しうるでしょうか?

ビジネスに携わる者にとって、経営戦略論は「後で学ぶもの」では決してありません。組織内で今、どんなレベルにいたとしても、戦略的考え方は役に立ちますし、その力を将来、存分に奮うためにも、将に今、学ぶべきものなのです。

この授業では2013年4月に出版された『経営戦略全史』をベースにして、経営戦略論の理念やコンセプトの概要を学びます。

〔1限目〕ポジショニングかケイパビリティか!

「経営戦略」という言葉は、わずか80年ほどまえに発明されました。そこから、ポジショニング派とケイパビリティ派の戦いがはじまったのです。しかし、どちらも迫っているのは「トレードオフ」。二兎を追わずに一兎を追えと言っているのです。その流れを概観します。

〔2限目〕トレードオフかイノベーションか!

1990年以降、単純なトレードオフだけでは勝てないようになってきました。イノベーション時代の到来です。しかし、イノベーションってなんでしょう? どうやったらそれを引き起こし、自分のものにできるのでしょう?

使えないビジネス知識に意味はありません。学んだコトを2回連続の授業内で、即使い、その経験をシェアすることも、今回は試みます。耳学問派でない、実務派のみなさんの参加を期待します。

参考サイト/予習教材

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    01:28  (00:14 ~ )
    経営戦略とは:バーナード革命1938
    03:24  (01:42 ~ )
    経営戦略論の百年戦争
    03:22  (05:06 ~ )
    イノベーションとは何か
    04:15  (08:28 ~ )
    再び:イノベーションとは何か
    03:52  (12:43 ~ )
    イノベーションとPLC:フォスターの「2重のS字曲線」
    03:21  (16:35 ~ )
    イノベーションとPLC:担当者の変更
    03:57  (19:56 ~ )
    イノベーションはなぜ難しいのか
    02:59  (23:53 ~ )
    担当者の変更はなぜ起こるのか
    02:53  (26:52 ~ )
    担当者の変更を乗り越えるために
    04:35  (29:45 ~ )
    イノベーション論の源流
    02:58  (34:20 ~ )
    一般的戦略論とイノベーション
    01:27  (37:18 ~ )
    経営とは
    05:08  (38:45 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:イノベーションを起こした製品を排出した企業に例があれば、教えて欲しいです
    01:40  (44:47 ~ )
    Q:普及値のマックス値は商品によって違いそうなのに、PLCのそれぞれの期の%やキャズムの位置は一定なんですか?
    01:44  (46:27 ~ )
    Q:イノベーションって既存の商品やサービスを破壊するって事が必要なんでしょうか?
    00:50  (48:11 ~ )
    Q:イノベーターが出現するのに必要な条件や環境等はあるのでしょうか。またイノベーターになるにはどのようにすればいいですか
    03:33  (49:01 ~ )
    Q:先生が起業するとしたら、どんな事業をしますか?
    00:59  (52:34 ~ )
    Q:今後注目する経営戦略はありますか?
    01:21  (53:33 ~ )
    Q:先生はこれまで、どの様なトレードオフをしてきましたか?
    06:00  (54:54 ~ )
    課題発表
      (1:00:54 ~ )