おためし受講中

ブランドデザインマネジメント〜フレームワーク理解〜

利益を上げていくためのデザインと、自分のやりたい(良い)デザインがズレていませんか?ブランドデザインの仕組みを理解して、「良いデザイン」を「高く」売れるようになりながら、顧客の利益に還元できるブランドデザインのフレームワークを体得しましょう。

授業のアジェンダ

・街の中の間違いデザインを探せ
・リブランディングのきっかけづくり
・ブランドデザインマネジメント
・今日のまとめ

学生代表

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    02:21  (00:05 ~ )
    前回の振り返り
    02:26  (02:26 ~ )
    デザインガイドラインってなに?
    02:48  (04:52 ~ )
    ながらデザインガイドラインの基本1
    03:11  (07:40 ~ )
    デザインガイドラインの基本2
    06:49  (10:51 ~ )
    デザインガイドラインの基本3 デザインガイドラインを作成するのに必要なもの
    05:59  (17:40 ~ )
    Brand Identy,Brand DNA
    04:45  (23:39 ~ )
    Brand Principles,Brand Concept
    07:10  (28:24 ~ )
    デザインガイドラインの基本 Brand Identy,Brand DNAで大事なこと
    04:17  (35:34 ~ )
    デザインガイドラインの基本 Brand Principles,Brand Conceptで大事なこと
    07:14  (39:51 ~ )
    まとめ
    02:47  (47:05 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:実績が低い人や駆け出しの頃だと、仕事を探す必要があると思いますが、自然と仕事が来るようになるまでの期間は、先生の場合ですとどれくらいでしたか?
    02:40  (50:14 ~ )
    Q:ブランディングのスタートはやっぱりロゴからですか?
    01:24  (52:54 ~ )
    Q:先生のガイドラインは実践から作り上げたのでしょうか。
    01:04  (54:18 ~ )
    Q:デザイン脳を養うために、日頃取り組んでいらっしゃることはありますか?
    00:50  (55:22 ~ )
    Q:どうやってクライアントがデザインに対して納得して合意を得られるのかなと疑問がありましたが、事業計画やDNAとのつながりを意識しておられると思いました。ほかにも何か意識されていることはございますか?
      (56:12 ~ )