おためし受講中

HTML入門 -headタグに記述する物-

WebサイトはHTML(文章構造)、CSS(視覚構造)、JavaScript(インタラクション)の組み合わせでできています。その中でも、Webサイトの土台となるHTMLを学んでいきましょう。

この授業では、W3C(Web技術の標準規格化非営利団体)で2014年10月28日に勧告となった標準規格のHTML5を書く方法をハンズオンで1から学んでいきます。1回づつ完結していますが、シリーズを通して受講されるとHTMLに対する理解が深まります。

今回の授業では、headタグの中に書かれる様々なタグの書き方を学びます。HTMLのHeadタグは、機械室の様な存在です。UI(見た目)を作り上げるcssを添付したり、文字のエンコーディングを指定したり、SNSや検索エンジンに対して情報を提供したりします。bodyタグ内にWebページの本体を作ったらheadタグ内に指令を送り、htmlを稼働させましょう。

■ 事前準備

テキストエディタをご用意下さい。既にお使いのものが無ければ『テキストエディタ入門 Atom基本編 (https://schoo.jp/class/2646)』を参考にご準備下さい。

学生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます

    生放送授業への参加は無料です
    Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
    ×