おためし受講中

GMO流・早くて効果的なWebサービスのUI改善手法

この授業では、Webサイトを改善する際に「早い意思決定」「効果的な改善」を行うために我々が実施するフローやTipsをお話したいと思います。

弊社では、既存のインフラ事業、メディア事業のほか、2006年からオンライン証券事業、2010年からスマートフォン・ソーシャル事業を展開し、日々改善を行ってきました。

今回の授業では以下のテーマでPC、モバイルと特化せず広い範囲でのWeb改善についてお話ししたいと考えています。

・ データ1st、リーンUXを実践するために日々行うこと
・ UI改善を進める際、数字からサービスの課題を読み解く
・ ユーザーインターフェースのパターン化、モデリング
・ 成功談と失敗談


Webディレクター、デザイナーの方はもちろん、開発者の皆さんにとっても有益な話ができればと思っています。すべての人にインターネットを楽しく便利に提供する方法を一緒に考えていきましょう。

GMO流・早くて効果的なWebサービスのUI改善手法(全1回)

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    01:45  (00:12 ~ )
    GMOインターネットグループについて
    01:19  (01:57 ~ )
    GMOインターネットグループについて
    04:15  (03:16 ~ )
    KPI設計のポイントとデータ1st
    11:34  (07:31 ~ )
    UIパターンとモデリング実例
    07:15  (19:05 ~ )
    その他の改善事例紹介(成功談や失敗談など)
    13:35  (26:20 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:ユーザー目線に戻るためのコツはありますか
    01:28  (40:39 ~ )
    Q:ネイティブアプリから、HTML5への完全移行はいつ頃になりそうですか?
    01:57  (42:07 ~ )
    Q:中長期にわたるようなプロジェクトも実績としてありますか?
    02:31  (44:04 ~ )
    Q:バナー画像のデザインも定番パターンがありますか?
    02:11  (46:35 ~ )
    Q:UI改善に終わりはありますか?
    00:59  (48:46 ~ )
    Q:KPI分析の視覚化について、実際に使っている指標やグラフにどんなものがあるかご教示ください
    02:22  (49:45 ~ )
    Q:お勧めの開発フレームワークは何ですか?
    01:07  (52:07 ~ )
    Q:対応OS,対応ブラウザはどこまでを許容範囲としますか?
    01:22  (53:14 ~ )
    Q:データ1stでアプリをリリース後、修正は全工程のまずは何処から手を付けますか?
    01:12  (54:36 ~ )
    Q:見やすさと使いやすさでは、どちらを重視するのですか?
    01:52  (55:48 ~ )
    課題発表
      (57:40 ~ )