おためし受講中

Java入門 -Javaの例外処理-

Javaプログラムをこれから始める方に向けて、毎回一つの要素を深堀りしながらJavaプログラムの書き方を学んでいただけます。 全10限でJavaプログラミングのエッセンスを学び、学んだ内容を組み合わせて『計算機プログラム』の完成を目指します。

7限目はJavaでエラーが発生した際の対処方法である「例外処理」について解説します。
try-catch文などの特徴を解説とハンズオンにて学んでいただければと思います。

 

■事前準備

この授業はJava入門(全3回) https://schoo.jp/course/280 及び本コースの先行する授業を受講された方を対象としています。Javaのプログラムを書いたことが無い方は、事前に受講しておいて下さい。

この授業ではJavaの開発環境が必要です。まだ準備出来てない方は、下記1、2の順で事前にインストールしておいて下さい。

1. JDK(Java Development Kit)はJavaの開発および実行に必要なツールです。下記インストール手順書を参考に、事前にインストールしておいて下さい。※ インストール方法は授業中にも解説いたします。
Windows用: jdk_for_win.pdf
Mac用: jdk_for_mac.pdf

2. eclipseはJava等の開発を便利にする統合開発環境です。2限目以降の授業で使用しますので、下記インストール手順を参考に、事前にインストールしておいて下さい。
Windows用: eclipse_for_win.pdf
Mac用: eclipse_for_mac.pdf

■ アジェンダ

・Javaの例外処理
・例外処理を使いこなす
・今週の課題作成:例外処理を追加する

 

学生代表

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    03:04  (00:13 ~ )
    アジェンダ
    01:09  (03:17 ~ )
    Javaの例外処理
    07:40  (04:26 ~ )
    チェック例外のパターン(例)
    02:53  (12:06 ~ )
    非チェック例外のパターン(例)
    02:30  (14:59 ~ )
    例外とは何か?
    02:45  (17:29 ~ )
    例外処理方法
    02:02  (20:14 ~ )
    例外を投げる「throws句」
    01:19  (22:16 ~ )
    例外を捕まえる「tryブロック
    02:40  (23:35 ~ )
    例外発生時も実行する「finally節」
    07:45  (26:15 ~ )
    例外処理のセオリー
    02:22  (34:00 ~ )
    tryブロックは例外発生の想定される範囲で設定する
    00:59  (36:22 ~ )
    throw、catchするクラスは適切なものを使用する
    01:28  (37:21 ~ )
    例外は放棄しない
    03:01  (38:49 ~ )
    今週の課題作成:例外処理を追加する
    01:26  (41:50 ~ )
    例外処理の追加と実行手順
    06:39  (43:16 ~ )
    まとめ
    01:08  (49:55 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:こういった処理には必ず例外処理をしておいた方が良い、というオススメはありますか?
    03:30  (51:16 ~ )
    Q:例外処理のことをエラー処理と呼びますか?
    01:09  (54:46 ~ )
    Q:①戻り値でエラーを返す、②例外を投げる。単純なメソッドの場合はどちらの使い方でも作れると思いますが、この場合は例外を使うというポイントはありますか
    01:43  (55:55 ~ )
    Q:1、あるcatchブロックの中で、エラー情報をファイルに書き込むような場合、catchブロックの中にtryとcatchのセットを入れることになりますか。
    01:57  (57:38 ~ )
    お知らせ
      (59:35 ~ )