おためし受講中

聞く技術「アクティブリスニング」 -「フォロー」と「実践編」-

メール、ブログ、SNSなどコミュニケーションの「手段」は目覚ましく発達しましたが、コミュニケーションの「成果」はいまひとつという人も多いのではないでしょうか。

自分の言いたいことを一方的に押し付けてもうまくいかないし、単なる聞き上手でも良い人で終わってしまいます。

そこで提唱したいのが、「アクティブリスニング」です。
「アクティブリスニング」とは、「聞く」姿勢をベースにしつつ、相手と良好な関係を築き、信頼を勝ち取り、目的を効率よく達成するだけでなく、それ以上の成果を継続的に出し続ける最強のコミュニケーション術です。
コミュニケーションが苦手な人、能力は高いのにまわりがついてこない人、頑張っているのに成果に結びつかない人、良い人の壁を突破できない人などに、効果的です。

3限目は、必ず「次」につながる相手とのコミュニケーションフォローのやり方と、普段からできる「アクティブリスニング」のトレーニング方法についてお伝えします。

▽先生著書:アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術

アクティビティリスニング「聞く技術」谷本 有香

学生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    03:04  (00:14 ~ )
    アジェンダ
    00:39  (03:18 ~ )
    前回までの復習
    05:55  (03:57 ~ )
    人間関係を「次」につなげる「フォロー」
    10:23  (09:52 ~ )
    日常でできる「アクティブリスニング」のトレーニング方法
    22:11  (20:15 ~ )
    「アクティブリスニング」の3つのステップを使って、実践してみよう
    09:10  (42:26 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:最初に意気投合して、もう絶対に相手も自分に好意を持っている、と自信を持てたからと、メール等送っているうちに、相手から連絡が途絶えたりした時、不安でさらに送ったりしてしまいますが、やはり連絡が来なかったりした場合、先生ならどうしますか?
    02:03  (51:58 ~ )
    Q:メールだと相手の反応が直接見えないので、さじ加減が難しいなーと思っています。反応が見えにくい場合、先生ならどんなコミュニケーションを取りますか?
    01:59  (54:01 ~ )
    Q:準備をしっかりして本番に望んだとしても、アドリブが必要になるシーンがあるかと思いますが、アドリブ力を増すトレーニングなどありますか?
    02:17  (56:00 ~ )
    Q:たまに、自分自身のことを話すのが苦手そうな無口なかたや、秘密主義なかたがおられますが、そのようなときにはどのように接すればよいですか?
      (58:17 ~ )

    生放送授業への参加は無料です
    Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
    ×