おためし受講中

「教わる力」とは -コミュニケーション基礎-

多くのコミュニケーションは「教わる側」「教える側」に分けることができます。

例えば、あなたが道に迷ったときに「○○には、どうすれば行けますか?」と見知らぬ人に尋ねれば、あなたは「教わる側」です。また、道を歩いているときに、「○○には、どうやっていけば良いですか?」と聞かれれば、あなたは「教える側」になります。ほとんどの方が、この「教わる側」「「教える側」の両方の立場を経験したことがあるはずです。道順を「教わる側」「教える側」のどちらであっても、目的地への道順が明確になる場合とそうでない場合が起こります。

この原因は何なのでしょうか?

上記の例のような場合の「教わる側」と「教える側」の構造は多くのコミュニケーションに応用することができます。
この授業では、「教える側」「教わる側」構造を明らかにすることで「上手に教わるための技術」「上手に教えるための技術」を習得することを目的としています。

 私は、15年以上、受験生に数学を教えています。そして、道を尋ねることと同様に、何かを教わることもあります。どちらの場合も、この授業で紹介する「教わる技術」「教える技術」を用います。多くの方に、この技術を習得してもらい、多くのことを教わり・教えることが可能になって欲しいと思います。

一限目:コミュニケーション基礎 -「教える力」とは -
ニ限目:コミュニケーション基礎 -「教わる力」とは -
三限目:コミュニケーション基礎 -「教える力&教わる力」が身についた先に見えてくること-
 

学生代表

  • 青島 莉子

    青島 莉子

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    01:18  (00:14 ~ )
    1限目のレポート課題の解説
    05:53  (01:32 ~ )
    教わるための準備 「自分の思考」を知る
    08:09  (07:25 ~ )
    教わるための準備 教える側の視点を知る
    06:15  (15:34 ~ )
    教わり方のコツ 教わることを設定する
    11:13  (21:49 ~ )
    教わり方のコツ 適切な反応をする
    11:18  (33:02 ~ )
    教わり方のコツ 誰かに教える
    03:04  (44:20 ~ )
    授業のまとめ
    01:06  (47:24 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:漠然と「成功するにはどうしたらいいですか?」って聞かれたら、自分で考えてみた?と聞いちゃうと思うのですが、そんなときはどう教えたらよいのでしょうか?
    04:06  (48:54 ~ )
    Q:人に教えることで、自分が理解するとあったのですが、教えることに必要なものはありますか?
    00:59  (53:00 ~ )
    Q:職場で質問された時など、それくらいわかるだろ、、、と思ったりしますが、ストレートに質問するフォーマットなどございますでしょうか。
    01:41  (53:59 ~ )
    Q:教わったものの納得できない時などは、ネガティブな反応をしてしまいそうですが、それでも反応するだけよいでしょうか
    01:17  (55:40 ~ )
    Q:頭の回転が遅いので、その場で理解できない(あとでじっくり考えて理解したい)場合など、どのような反応をしたら良いのでしょうか
    01:28  (56:57 ~ )
    Q:何が分かっていないかが分からない時は、まとめ1の、自分の現在位置やルートを決めるのも難しいと思いますが、そういう時はどこから手を付ければ良いのでしょうか?
    01:48  (58:25 ~ )
    Q:前提やゴール、道筋について説明していると、途中で「結論だけ教えてくだい」という人がいます。もういいやと打ち切らず、コニュニケーションをうまく繋ぐためのアドバイスをください
    02:12  (1:00:13 ~ )
    次回授業までの課題
      (1:02:25 ~ )