おためし受講中

リーダーのためのコーチング -行動を促すスキル-

リーダーとして、チームをマネジメントする上で、「メンバーとの信頼関係を高めたい」「やる気を上げたい」「主体性を引き出したい」 このような目標・テーマをお持ちの方は多いのではないでしょうか?1人でも部下がいるリーダーなら必ず役に立つコーチングスキルの基本をご紹介します。

第3回目の今回は、メンバーの主体的な行動を促すことがテーマです。
なかなかやる気が出ない。ついつい先延ばしにしてしまう。行動が長続きしない。そんなメンバーに対してどのような働きかけが有効か、具体的なアプローチ方法を学びます。

*この授業で学べること概要
 その人の、モチベーションの素を見つける
 アクノレッジメントの重要性を理解する
アクノレッジメントの種類
 効果的に提案と要望を活用する
 フォローアップと継続学習について

学生代表

  • 青島 莉子

    青島 莉子

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    復習(コーチングとは)
    01:19  (01:55 ~ )
    質問:皆さんが目標に向かって行動を起こすために、周囲からどのような支援や関わりがあるとよいですか?
    03:59  (03:14 ~ )
    自発的な行動を促すために必要なことは人それぞれ違う
    03:22  (07:13 ~ )
    アクノレッジメントの活用法:アクノレッジメントとは何か
    01:51  (10:35 ~ )
    質問:普段どのような言葉を使って周囲の人をアクノレッジしていますか?
    03:28  (12:26 ~ )
    アクノレッジメントの活用法:アクノレッジメントの種類
    04:59  (15:54 ~ )
    提案の活用法:提案とアドバイスの違い
    01:16  (20:53 ~ )
    質問:どんなふうに提案されると、聞いてみよう、参考にしてみようと思いますか?
    03:59  (22:09 ~ )
    提案の活用法:効果的な提案のポイント
    02:44  (26:08 ~ )
    要望の活用法
    03:46  (28:52 ~ )
    質問:あなたは、誰にどんな要望をしたいですか?
    04:48  (32:38 ~ )
    要望の活用法:不平、不満は提案、要望に変えてもらう
    02:17  (37:26 ~ )
    フォローアップと継続学習の必要性
    06:08  (39:43 ~ )
    質問:あなたや、周囲の人がコーチングを学び、日々実践したとしたら、組織はどのように変化するでしょうか?
    04:03  (45:51 ~ )
    まとめ
    00:53  (49:54 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:上司として、相手に選択権を与えらなないこともあると思います。そのときの言い方はどうすればいいのでしょうか?
    01:03  (51:03 ~ )
    Q:自分の未経験分野のプレイヤーと、経験をある程度積んだ分野のリーダーを兼任しています。いっぱいいっぱいになりかけているのですが、どこにどう注力すると自分と組織のためになりますか?
    00:58  (52:06 ~ )
    Q:振り返りというか評価はどうやってすればいいのですか?
    00:55  (53:04 ~ )
    Q:’モチベーションの素’が組織集団の理念にそぐわない場合は、当事者を否定しそのモチベーションを下げてでも’集団の価値観’を押し付けざるを得ないのでしょうか?
    01:34  (53:59 ~ )
    Q:相手が黙り込んでしまった時、コーチングする側に何が足りなかったと思われますか?
    01:01  (55:33 ~ )
    Q:せっかく決めたのになかなか行動を起こせない場合はコーチはクライアントにどんな声をかけるといいのでしょうか?
    00:47  (56:34 ~ )
    Q:「自分なりに考えてやってみて」と頼んでも、1から10まで教えてくれないとできないですというスタンスの人にはどのように対応したらよいのでしょうか?
    00:52  (57:21 ~ )
    お知らせ
      (58:13 ~ )