おためし受講中

デキる社会人の本の選び方・読み方

日本では、年間8万冊以上、ビジネス書だけでも6000冊以上の本が出版されています。ヒット作品はそこかしこで手に取ることはできますが、その中から自分が本当に求めている本を探しだすのは至難の業。そこで、この授業では、私たちが運営するビジネス書要約サイト『flier(フライヤー)』を通して学んだ経験に基づいて、自分の力を磨きたい、もっと活躍したいと思っているビジネスパーソンに、ビジネス書を自分の成長の糧にする方法をお伝えします。

第1回目の今回は、「ビジネス書の読み方・選び方」についてお話しします。この授業を通して、自分に合った本の選び方や、目的別にどんな読書法を実践すればよいかを学びます。また、2回目以降はテーマごとにおすすめのビジネス書を紹介するほか、本の著者も先生として登場し、著者自ら本から得られる学びを語ります。

インターネットやTVなど情報を取得する手段はさまざまですが、本ならではの魅力を再発見するきっかけになることを期待しています。

学生代表

  • 新井 利佳

    新井 利佳

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    03:19  (00:14 ~ )
    アジェンダ
    00:40  (03:33 ~ )
    質問:あなたが本を読む理由は何ですか?
    02:36  (04:13 ~ )
    なぜ本を読むべきなのか
    04:24  (06:49 ~ )
    年代・経験別の読書ポートフォリオ
    09:40  (11:13 ~ )
    理解度別 5段階の読書法
    06:28  (20:53 ~ )
    速く・深く読むための読書術
    07:48  (27:21 ~ )
    読書時間の考え方
    07:09  (35:09 ~ )
    まとめ
    01:18  (42:18 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:どうやって読書ノートはつけたらよいでしょうか?
    01:14  (44:05 ~ )
    Q:先生が本を読むとき、付箋をつけるページと折り目をつけるページの違いはありますか?
    01:33  (45:19 ~ )
    Q:読書を習慣づけるには電子書籍より、書籍本がよいでしょうか?
    01:56  (46:52 ~ )
    Q:一回読んだ本を読み返したりメモを見返したりするタイミングは先生はいつですか?
    01:16  (48:48 ~ )
    Q:ノートではなく写真で撮っているのですが、自らで書くほうがいいんでしょうか?
    01:19  (50:04 ~ )
    Q:最後まで読めなかった本がたくさんあります。リトライした方がいいのでしょうか?あきらめて手放した方がいいのでしょうか?
    01:33  (51:23 ~ )
    Q:先生は1ヶ月にどのくらいの金額を本に投資していますか?
    01:14  (52:56 ~ )
    Q:図書館で借りている本は書き込み等できませんが、そういう場合はどうしたらよいですか?
    02:12  (54:10 ~ )
    Q:ビジネス書はよく読むのですが、小説はあまり読む気がおきません。なぜなら、実生活であまり役に立たないような気がするからです。しかしながら、小説も読んだほうが良いのでしょうか?
    02:05  (56:22 ~ )
    Q:本を読んで学んだ!と思っても、やはりそれだけではだめで、訓練して身に付ける必要があるかと思います。このための工夫で、何かお勧めの方法はありますでしょうか?
    02:01  (58:27 ~ )
    お知らせ
      (1:00:28 ~ )