おためし受講中

ビジネスパーソンとして差がつく教養 -社会情勢を世界遺産から読み解く-

ビジネスパーソンにとって、仕事だけでなく世の中のことに関心を向け、理解しておくことは大切です。

この授業では、国際的にも注目を集める世界遺産を通して社会情勢を学びます。普段目にするのとは異なる「世界遺産」という視点は、あなたの強みとなるビジネス教養です。

そもそも世界遺産はなぜあるのか?どのような基準で登録されているのか?
現在の社会情勢と世界遺産の関係性とは?

こうした疑問や世界遺産の魅力について、2006年に始まり、2015年まででのべ10万人が受検した世界遺産検定を主催する世界遺産アカデミー/世界遺産検定事務局の研究員である本田陽子先生と、世界遺産検定の最上級(マイスター)資格を持ち、テレビでも活躍する本村健太郎弁護士に語っていただきます。

本村健太郎弁護士
==========================================
本村健太郎弁護士
東京大学法学部卒業。俳優で現役弁護士。電車の中で見た世界遺産検定ポスターの「ネムルト・ダー」(トルコ)をきっかけに世界遺産に興味を持ち、最上級(マイスター)まで取得。「行列のできる法律相談所」を中心に、情報・バラエティーなどのTV番組に多数出演中。
○メディア出演:NHK教育「開け!世界遺産」全9回シリーズ(2015/12/1~2016/1/26)、日本テレビ「行列のできる法律相談所」、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」など
==========================================

■授業アジェンダ(予定)

・知っておきたい世界遺産の基礎知識
 -世界遺産って何?(定義や種類、数、代表的な世界遺産など)
・研究員とマイスターが教える世界遺産の魅力
 -本田流世界遺産の楽しみ方
 -本村流世界遺産の楽しみ方
 -意外と知らないオススメの遺産
・世界遺産から見た社会情勢
 -テロの標的となる世界遺産
 -国際問題を解決する手段としての世界遺産
 -世界遺産と地域振興
※内容は予告なく変更される可能性がございます

ご興味を持たれた方は、世界遺産検定試験が2016年7月10日に実施されますので、そこでぜひ腕試しをしてみてください。※3月18日(金)正午より申し込み開始

ビジネスパーソンとして差がつく教養 -社会情勢を世界遺産から読み解く-(全1回)

学生代表

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    01:57  (00:15 ~ )
    アジェンダ
    02:09  (02:12 ~ )
    知っておきたい世界遺産の基礎知識
    00:30  (04:21 ~ )
    質問:スライド4ページの5つの場所のうちいったことのある場所はありますか?
    03:18  (04:51 ~ )
    世界遺産とは?
    05:32  (08:09 ~ )
    世界遺産の種類と登録数
    01:14  (13:41 ~ )
    研究員とマイスターが教える世界遺産の魅力
    00:14  (14:55 ~ )
    本田流世界遺産の楽しみ方
    06:14  (15:09 ~ )
    本村流世界遺産の楽しみ方
    07:03  (21:23 ~ )
    世界遺産から見た社会情勢
    00:48  (28:26 ~ )
    テロの標的となる世界遺産
    00:09  (29:14 ~ )
    質問:( ? )ため、世界遺産がテロの標的に。 空白には何が入るでしょうか?
    06:41  (29:23 ~ )
    国際問題を解決する手段としての世界遺産
    04:18  (36:04 ~ )
    世界遺産と地域振興
    02:25  (40:22 ~ )
    世界遺産検定について
    00:38  (42:47 ~ )
    世界遺産学習で身に付くもの
    01:49  (43:25 ~ )
    世界遺産検定について
    04:24  (45:14 ~ )
    例題チャレンジ
    01:39  (49:38 ~ )
    「第24回検定」紹介
    01:28  (51:17 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:世界遺産検定の目的の、「学んだ内容を社会に還元する」とは、具体的にはどんなことが可能になるんでしょうか?
    00:57  (53:06 ~ )
    Q:海外の方とのコミュニケーションツールとして、世界遺産のどんな話題が役に立ちましたか?具体的に例えば、先に提示頂いた、ヒンドゥ―様式とイスラム様式の融合が、今現在の宗教対立を改善する指標になるでしょうか?
    03:39  (54:03 ~ )
    Q: 4級はどういう位置づけでしょうか?
    01:48  (57:42 ~ )
    お知らせ
    01:29  (59:30 ~ )
    本村さん・本田先生からのメッセージ
      (1:00:59 ~ )