おためし受講中

情報を効果的に活用する方法 -情報収集・分析編-

この授業では、新社会人・若手社会人を対象に、情報の活用方法についてお話します。高度情報化社会である現代では、目前の課題に対して適切な情報を収集し、正しいやりかたで分析して問題解決を行うことが求められます。また、自ら情報を発信し、コミュニケーションを密にして社会人としてのプレゼンスを高めることも大切です。

第1回目の今回は、情報を効果的に活用することがいかに重要かについて説明したうえで、情報の質とはなにか、適切な情報の収集と分析方法について解説します。この授業では、そもそも「情報」とは何かについての振り返りから始めます。次に、情報にも質の差があること、なぜそれが生じるのか、適切な情報を得るにはどうすればよいか、などについてお話します。さらに、課題解決のためにどのように情報を分析すべきかといった考え方についてもお伝えします。


【新社会人・若手社会人を応援!】


この授業は、学べる、光インターネット「manaba ひかり」
schoo WEB-campus の協同企画でお届けします。

この授業の先生

学生代表

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    01:46  (00:14 ~ )
    授業のゴール
    01:24  (02:00 ~ )
    アジェンダ
    01:05  (03:24 ~ )
    情報のインプットとアウトプット
    04:20  (04:29 ~ )
    情報のやりとりによる社会の形成
    05:00  (08:49 ~ )
    情報の質とは
    04:04  (13:49 ~ )
    信頼できる/できない情報は何か
    02:38  (17:53 ~ )
    信頼できない情報の例
    01:12  (20:31 ~ )
    質問:みなさんは「地震雲」を信じていますか?
    06:16  (21:43 ~ )
    考慮すべきこと(マスメディアとネット)
    04:24  (27:59 ~ )
    質問:p.20のスライド資料でみなさんはどちらを信頼しますか?
    03:44  (32:23 ~ )
    客観的な情報とは
    03:09  (36:07 ~ )
    何のために情報を集めるか
    05:32  (39:16 ~ )
    客観的な判断と情緒的な判断
    04:35  (44:48 ~ )
    統計的なセンスを身につけよう
    04:46  (49:23 ~ )
    まとめ
    01:24  (54:09 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:「査読」でモラルや、質を維持すること、シンクタンクでは普通にやってるんですか?
    00:54  (55:50 ~ )
    Q:全く情緒的なものがない合理的な判断ってあるのでしょうか?
    01:17  (56:44 ~ )
    Q:現在のようにに間違った情報もSNSであっという間に拡散する(データ量が多くなる)場合でも、「大数の法則」は成り立ちますか?
    02:52  (58:01 ~ )
    Q:ネットの情報で信憑性が高いと判断する規準は何でしょうか?
    02:08  (1:00:53 ~ )
    お知らせ
      (1:03:01 ~ )