おためし受講中

情報を効果的に活用する方法 -情報発信編-

この授業では、新社会人・若手社会人を対象に、情報の活用方法についてお話します。高度情報化社会である現代では、目前の課題に対して適切な情報を収集し、正しいやりかたで分析して問題解決を行うことが求められます。また、自ら情報を発信し、コミュニケーションを密にして社会人としてのプレゼンスを高めることも大切です。

第2回目の今回は、ビジネスで扱われる情報は構造化されていること、情報発信をすることについて、および、情報交換の手段である効果的なコミュニケーションなどについて解説します。まず、構造化された情報とは何かについてお話したうえで、構造化のメリットや必要性について紹介します。次に、そのような情報の発信方法や情報発信のコツなどについてお話します。さらに、情報収集と情報発信の総合的な能力が求められる適切なコミュニケーション方法についてもお伝えします。
 

【新社会人・若手社会人を応援!】

この授業は、学べる、光インターネット「manaba ひかり」
schoo WEB-campus の協同企画でお届けします。

この授業の先生

学生代表

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    00:57  (00:13 ~ )
    アジェンダ
    01:03  (01:10 ~ )
    構造を持った情報とは
    00:08  (02:13 ~ )
    構造を持つ文書
    03:26  (02:21 ~ )
    構造化された情報の具体例
    01:45  (05:47 ~ )
    なぜ情報の構造化が必要なのか
    07:08  (07:32 ~ )
    構造を持つ情報の作成方法
    01:52  (14:40 ~ )
    ツールの利用
    03:05  (16:32 ~ )
    質問:みなさんは日頃文章を書いていますか? 書いている方はどんな文章を書いていますか?
    03:01  (19:37 ~ )
    情報発信力を身につけよう
    02:48  (22:38 ~ )
    情報発信で気をつけること
    05:29  (25:26 ~ )
    発信の方法・伝えたいものは何か
    03:20  (30:55 ~ )
    一般的なルール
    01:22  (34:15 ~ )
    知識と情報、形式知・暗黙知
    02:16  (35:37 ~ )
    コミュニケーション
    01:28  (37:53 ~ )
    オンライン・コミュニケーション
    02:40  (39:21 ~ )
    オフライン・コミュニケーション
    00:09  (42:01 ~ )
    質問:みなさんはオフライン・コミュニケーションのイベントに参加したことはありますか?
    03:46  (42:10 ~ )
    プレゼンテーションの技術
    01:35  (45:56 ~ )
    「話しかける」
    01:40  (47:31 ~ )
    プレゼンテーションのツール
    01:06  (49:11 ~ )
    まとめ
    01:17  (50:17 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:プレゼンの際の「スライドの情報量」はどのくらいでしょうか?
    01:55  (51:57 ~ )
    Q:通常、プレゼン資料は、アウトライン編集を先にして、作成されますでしょうか?
    01:22  (53:52 ~ )
    Q:モデレータって「司会者とかインタビュアー」のことと思っていましたが、味方の意味もあるんですか?
    00:57  (55:14 ~ )
    Q:プレゼンも練習した方が良いですけど、良い質問ができるようになりたいです。どういうことを心がけるといいですか?
    02:02  (56:11 ~ )
    Q:媒体にもよるかと思いますが、ブログなどで伝えたい内容が複数ある場合、何個くらいまで、とか規準はありますか?
    01:08  (58:13 ~ )
    お知らせ
      (59:21 ~ )