おためし受講中

東大先端研公開2016-若手研究者によるカフェセミナー-

ー東京大学先端科学技術研究センターキャンパス公開をイベント配信ー

専門家及び一般の方を対象に、研究や活動内容を知っていただくことを目的とした 研究所公開を、先端科学技術研究センター(先端研)では年に一度、生産技術研究所と合同で行っています。研究室の見学や、 世界トップクラスの研究者たちによる講演会、子ども向けの理科教室などを開催。企業や他研究機関の研究者はもちろん、近隣住民も 多く訪れています。今回はその中から、若手研究者によるカフェセミナーをお届けします。

若手研究者によるカフェセミナー

外部の研究者を招き、くつろいだ雰囲気のなかで研究者同士が活発に意見交換をする先端研恒例のイベント「カフェセミナー」。 新たな研究領域の開拓や、異分野融合型の研究の契機ともなる大切な場です。キャンパス公開では、この「カフェセミナー」を一般の方向けに開催いたします。先端研の若手研究者が交代で、最新の研究トピックや研究成果などについて解説を行います。

当日登壇する研究者・研究概要・発表テーマ

○「スモ~ルライト~!」ー山崎 歴舟

おなじみドラえもんの スモ~ルライト~!光線を浴びると私たちも小さくなれて、ミクロの世界に足を踏み入れることができます。ところで、この小さな世界では私たちの常識は通用するのでしょうか?キャッチボールやかけっこは普通にできるのかしら? 私たちは小さい物の世界がどう動いているかを研究していますが、そこには普段の生活では見なれない色々なふしぎが隠されています。スモールライトがあれば誰でも観察できる小さな世界のふしぎをみんなで見てみましょう。

○「特許を通じて途上国を豊かにするためには―ガーナで考えたこと」ー長越 柚季

2015年12月に行った体当たりガーナフィールドワークから学んだ、知的財産権を通じて途上国を豊かにするための方法についてお話します。

○「昆虫―空を飛ぶ小さな機械のしくみ―」ー安藤 規泰

 昆虫が身の回りに多く見られる季節になりました。チョウやテントウムシ、そしてハチやハエなど、一口に「飛ぶ昆虫」と言っても翅(はね)の形や飛び方は様々です。いわゆる「ドローン」と呼ばれている小型の無人航空機が話題になっていますが、昆虫はそれよりはるかに小さな体で飛行を実現し、その歴史は今から4億年以上もさかのぼります。本講演では昆虫の飛ぶしくみ、特に翅を動かすしくみについて紹介します。

【先端科学技術研究センターとは?】

東京大学先端科学技術研究センターは、1987年の設立以来、 学術の発展と社会の変化から生じる新たな課題へ挑戦し続け、新領域を開拓することによって科学技術の発展に貢献することを 使命としています。 学際性・流動性・国際性・公開性という四つの基本理念を掲げ、文系と理系の垣根を越えた領域横断の研究活動を行っています。 先端研の最大の特色は研究者や研究分野の多様性にあり、40にのぼる専門分野・部門名を冠した研究室が、理工系の先端研究と、 社会科学やバリアフリーという社会システムに関わる研究を、基礎から応用、社会へと広範な領域で展開しています。

東大先端研公開2016-若手研究者によるカフェセミナー-(全1回)

学生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    授業
    セミナーの内容
    02:20  (00:19 ~ )
    「スモ~ルライト~!」 山崎 歴舟 先生
    01:07  (02:39 ~ )
    物理の実験屋さんとは?
    01:25  (03:46 ~ )
    スモ~ルライト~?
    00:28  (05:11 ~ )
    どんな種類の物理が有るのかを知ろう
    01:10  (05:39 ~ )
    どれくらい小さいの?
    00:38  (06:49 ~ )
    量子の世界の不思議
    01:23  (07:27 ~ )
    量子の不思議の検証
    03:19  (08:50 ~ )
    量子の応用
    06:25  (12:09 ~ )
    量子の楽しさ
    01:39  (18:34 ~ )
    山崎先生への質疑応答
    00:23  (20:13 ~ )
    冷やすと原子に波の性質が表れるとおっしゃっていましたが、なぜ冷やさなければ出てこないのですか?
    01:34  (20:36 ~ )
    D-waveは量子コンピュータを初めて実現したと言われていますが本当ですか?
    01:38  (22:10 ~ )
    量子という新たな分野を研究することで、私たちの生活に役立つことは何ですか?
    03:11  (23:48 ~ )
    「特許を通じて途上国を豊かにするためには―ガーナで考えたこと」 長越 柚季 先生
    00:16  (26:59 ~ )
    自己紹介
    00:43  (27:15 ~ )
    発表内容のアジェンダ
    00:38  (27:58 ~ )
    特許権とは?
    02:49  (28:36 ~ )
    ガーナ共和国の紹介
    02:53  (31:25 ~ )
    ガーナの知財制度
    03:33  (34:18 ~ )
    ガーナでのフィールドワークの詳細
    01:19  (37:51 ~ )
    ガーナでの竹製自転車産業と知的財産戦略
    03:37  (39:10 ~ )
    産業スパイ大作戦
    01:52  (42:47 ~ )
    外国の技術から自国の技術へ
    00:55  (44:39 ~ )
    ガーナ人の役に立つ知財制度・まとめ
    03:19  (45:34 ~ )
    長越先生への質疑応答
    00:13  (48:53 ~ )
    アフリカの方が知的財産制度が産業の発達に理解していただけるのでしょうか?
    03:04  (49:06 ~ )
    ガーナでは、特許で守るべき技術は実際どの程度の量なのでしょうか?
    00:49  (52:10 ~ )
    どういったアプローチをすることで、アフリカの方に特許を浸透させればよいと考えられますか?
    01:39  (52:59 ~ )
    工業や農業の技術移転ですと、途上国でも浸透しやすいようにシンプルなものを移転しますが、知財の場合はどうでしょうか?
    02:54  (54:38 ~ )
    「昆虫―空を飛ぶ小さな機械のしくみ―」 安藤 規泰 先生
    00:57  (57:32 ~ )
    いろいろな昆虫の飛ぶ能力
    02:30  (58:29 ~ )
    翅を動かすからくりとは?
    01:11  (1:00:59 ~ )
    筋肉の特徴
    01:09  (1:02:10 ~ )
    生物の設計の特徴
    01:14  (1:03:19 ~ )
    昆虫の設計の特徴
    02:26  (1:04:33 ~ )
    筋肉で羽ばたくには
    04:03  (1:06:59 ~ )
    実際の研究:間接筋による羽ばたき
    01:25  (1:11:02 ~ )
    羽ばたき機構のバリエーション
    01:24  (1:12:27 ~ )
    羽ばたきの制御のしくみ
    04:37  (1:13:51 ~ )
    まとめ
    02:12  (1:18:28 ~ )
    安藤先生への質疑応答
    00:20  (1:20:40 ~ )
    回転運動を単細胞生物などもいますが、なぜそこから進化しなかったのでしょうか?
    00:48  (1:21:00 ~ )
    間接筋と直接筋による駆動がありましたが、どちらが先に実現したのでしょうか?
    00:25  (1:21:48 ~ )
    間接筋で飛ぶ虫でも、直接筋で制御することも出来るとおっしゃっていましたが、翅の構造の起源など解析が進んでいたら教えてください。
    01:04  (1:22:13 ~ )
    トンボは古い方の種類といっておられましたが、新しい機構の虫とはどんな種類ですか?
    01:00  (1:23:17 ~ )
    とても小さい筋肉をどうやって観測していますか?
    01:05  (1:24:17 ~ )
    参考になりそうな書籍があれば教えてください。
    00:55  (1:25:22 ~ )
    蝶や蛾など間接筋を用いている種でも、空中で羽を止めたり出来るのはなぜなのでしょうか?
    01:46  (1:26:17 ~ )
    関節筋の方が、直接筋の方より少ないエネルギーで飛べるのでしょうか?省エネ?
    01:08  (1:28:03 ~ )
    羽は体のどの部分を元に手に入れたのですか?
      (1:29:11 ~ )