おためし受講中

作業効率を高めるSlackの活用法-応用編-

企業内もしくは個人でチャットツール「Slack」を使っている方、もしくは使いたいと思っている方向けの授業です。 Slackは2013年8月のリリース後、わずか2年半でDAU200万を突破したアメリカ発のサービスで、日本でも導入企業が急速に拡大しています。 この授業では、そんなSlackの使い方を基礎編、応用編に分けて解説します。

2限目では、より作業を効率的に進める「応用編」を学びます。

■授業のアジェンダ

・「オリジナル絵文字」を作ってみよう(実演)

・「オリジナル絵文字」のちょっと便利な使い方

・post機能について

・外部連携サービスを使おう!

・外部連携サービスの紹介

①Google カレンダー

②ビデオチャット

③giphy

この授業の先生

学生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    01:00  (00:39 ~ )
    授業の目的
    00:42  (01:39 ~ )
    アジェンダ
    00:34  (02:21 ~ )
    Slackとは?(前回の復習)
    00:33  (02:55 ~ )
    質問:皆様Slackをお使いでしょうか?
    02:50  (03:28 ~ )
    前回のオススメ機能の復習
    03:04  (06:18 ~ )
    前回の授業でいただいた質問をSlack社に聞いてみました
    01:49  (09:22 ~ )
    カスタム絵文字をつくろう
    00:30  (11:11 ~ )
    質問:Slackで絵文字をどれくらいお使いですか?(3択)
    02:36  (11:41 ~ )
    カスタム絵文字とは?
    02:07  (14:17 ~ )
    カスタム絵文字を作ろう(静止画)
    06:30  (16:24 ~ )
    カスタム絵文字を作ろう(動画)
    02:35  (22:54 ~ )
    Slackの外部連携サービスを使いこなそう【初級】
    00:17  (25:29 ~ )
    Slackの他に、業務でどのようなITツールを使っていますか?
    02:51  (25:46 ~ )
    Slackの外部連携ではどのようなことが出来るのか学ぼう
    05:06  (28:37 ~ )
    スラッシュコマンドだけで実行可能な外部連携を学ぼう
    03:50  (33:43 ~ )
    Slackの外部連携サービスを使いこなそう【中級】
    00:40  (37:33 ~ )
    IFTTT、Zapierを使おう
    06:10  (38:13 ~ )
    コードが書ければもっとできる!
    04:44  (44:23 ~ )
    まとめ
    01:16  (49:07 ~ )
    質問:Slackについて「ここがもっと知りたい」ポイントはありますか?
    00:32  (50:23 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q,先生が導入している連携サービスの中で、オススメを教えてください!
    01:41  (51:21 ~ )
    Q,会社でslackを導入しましたが、postファイルを編集していると日本語が変な感じに飛ばされてします、これってバグなんでしょうか。また会社にpostファイルを開けないという人もいます。。
    00:59  (53:02 ~ )
    Q,先ほどのGoogleスプレッドシートとの連携で納期管理するコードはどこかに記事が見れますか
    00:36  (54:01 ~ )
    Slackの初心者向けチャンネルの紹介
    01:20  (54:37 ~ )
    Q,チャネルに人を誘わなければ、自分にのみの通知が来るのでしょうか。
    01:28  (55:57 ~ )
    Q,授業であったgiphyなどの連携ですが、連携をするとチャンネルのメンバーみんなが使えるようになるのですか?
    00:50  (57:25 ~ )
    Q,postの件解答ありがとうございました。エバーノートの連携に関してですが「公開リンク」しかできず(IFTTTを使いました)「ノートの共有」に関してはやり方が未だわかりません。
    02:03  (58:15 ~ )
    先生からのメッセージ
      (1:00:18 ~ )