おためし受講中

資料作成に活かせる、ビジネス教養としてのデザイン -2限目-

2限目では、「グループ化」「強・弱」の2軸で整理したトランプ型の情報を、書体と色でどのように表現するかを学びます。書体は、大きく分けて「明朝とゴシック」「文字の太さ」という軸で考えることができます。色は、「色相」「トーン」という軸で考えることができます。これらを、トランプ型の情報の構造と組み合わせることで、「情報の構造=デザインの構造」となるように、情報を視覚的に表現していきます。

学生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    02:54  (00:14 ~ )
    前回の復習
    03:10  (03:08 ~ )
    文字が情報を伝える
    00:07  (06:18 ~ )
    情報を伝えるデザインでは、文字が主役
    01:00  (06:25 ~ )
    違いが明確な、明朝とゴシック
    03:03  (07:25 ~ )
    ファミリーでメリハリをつける
    03:29  (10:28 ~ )
    情報と文字の表現をむすびつける
    08:26  (13:57 ~ )
    読みやすさを左右する、行長・行間・マージン
    05:48  (22:23 ~ )
    小見出しが、視線を止める
    01:22  (28:11 ~ )
    文字の表現のポイント
    00:31  (29:33 ~ )
    色が理解を助ける
    00:08  (30:04 ~ )
    多くの色を使い過ぎない
    00:39  (30:12 ~ )
    色合い・明るさ・鮮やかさで考える
    02:28  (30:51 ~ )
    トーンで色と印象をむすびつける
    03:35  (33:19 ~ )
    パソコンのカラーピッカーのしくみ
    01:31  (36:54 ~ )
    「揃える」ことで調和した色を選ぶ
    01:03  (38:25 ~ )
    情報と色をむすびつける
    02:31  (39:28 ~ )
    色数
    03:46  (41:59 ~ )
    グラデーション
    01:08  (45:45 ~ )
    色彩計画
    01:54  (46:53 ~ )
    まとめ
    01:05  (48:47 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:プロポーショナルフォントより等幅フォントの方が読みやすいのでしょうか。
    01:11  (50:23 ~ )
    Q:写真の上に文字を入れたい場合はどんな風に入れればいいですか?
    00:50  (51:34 ~ )
    Q:先生のおススメの明朝体・ゴシック体ってありますか?
    01:37  (52:24 ~ )
    Q:一枚の資料に様々な要素を盛り込ませる必要がある時、色が多くなってしまいます。少しでも見やすくするにはどうしたら良いでしょうか
    01:35  (54:01 ~ )
    Q:文字と色に関連して、質問です。色を選ぶ前にモノトーンで考えたとき、可読性を上げるためのロジックや傾向はございますか?見出しに対して(黒100%)、本文は少し明度を上げる(黒75%とか?)など、数値的にございますか?
    01:32  (55:36 ~ )
    Q:トーンを揃えるには、windows のピッカーのどの項目の数値を揃えればいいのですか。数字の項目、意識したことありませんでした。トーンという項目が有るのですか。
    02:02  (57:08 ~ )
    お知らせ
      (59:10 ~ )