おためし受講中

SQL概論 -5回目-

データベースの特性を理解した上で、演習を通じてSQL文の書き方を学習します。SQL文の中でもデータ操作言語(DML)の基本中の基本であるSELECT文を中心として、繰り返したくさんのSQL文を書くことで、短期間に記述能力を高めることを目的としています。また、SQL文の処理メカニズムをイメージすることで、パフォーマンスの良いSQL文を書くために注意するポイントも学習します。

■授業のアジェンダ(予定)

DML【Data Manipulation Language】
・副問い合わせを使用したUPDATE
・副問い合わせを使用したINSERT
・副問い合わせを使用したDELETE
・和集合(UNION)
DCL【Data Control Language】
・権限
・トランザクション
・ロック 

 

※※この授業では受講生にも実際にSQLを操作していただきます。※※
下記URLからPostgreSQLをインストールしてから受講してください。
 
http://www.enterprisedb.com/products-services-training/pgdownload
※授業内では「Version 9.4.9」を使用します。
 
 
また、「インストールマニュアル」と「授業で使うサンプルデータ」がサンプルファイル内にありますので
 
ダウンロードしてからご受講ください。
 

※こちらの授業は資料のDLはできませんのでご了承ください。

 

この授業の先生

学生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    00:22  (00:33 ~ )
    授業の目的と目標
    00:51  (00:55 ~ )
    授業の流れ
    00:40  (01:46 ~ )
    環境準備
    04:01  (02:26 ~ )
    DML 【Data Manipulation Language】の基本を学ぼう(前回の続き)
    00:20  (06:27 ~ )
    副問い合わせを使用できる箇所
    01:02  (06:47 ~ )
    副問い合わせを使用したUPDATE
    01:08  (07:49 ~ )
    副問い合わせを使用したUPDATEの例
    03:36  (08:57 ~ )
    副問い合わせを使用したINSERT
    01:09  (12:33 ~ )
    副問い合わせを使用したINSERTの例
    03:42  (13:42 ~ )
    副問い合わせを使用したDELETE
    00:55  (17:24 ~ )
    副問い合わせを使用したDELETEの例
    03:56  (18:19 ~ )
    和集合(UNION)とは
    02:08  (22:15 ~ )
    和集合(UNION)の例
    04:46  (24:23 ~ )
    DCL 【Data Control Language】の基本を学ぼう
    00:41  (29:09 ~ )
    権限とは
    02:04  (29:50 ~ )
    権限の付与と削除
    02:35  (31:54 ~ )
    トランザクションとは
    01:48  (34:29 ~ )
    トランザクションが必要な例
    01:57  (36:17 ~ )
    更新の確定(COMMIT)
    00:56  (38:14 ~ )
    更新の取り消し(ROLLBACK)
    01:47  (39:10 ~ )
    暗黙のコミット
    02:31  (40:57 ~ )
    トランザクションの例
    04:34  (43:28 ~ )
    ロックとは
    01:06  (48:02 ~ )
    テーブルロック
    00:39  (49:08 ~ )
    レコードロック
    00:29  (49:47 ~ )
    暗黙的なロック
    00:50  (50:16 ~ )
    明示的なロック
    00:30  (51:06 ~ )
    明示的なテーブルロックとレコードロック
    01:13  (51:36 ~ )
    まとめ
    00:35  (52:49 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q.UNION構文ですが、抽出対象のカラムの構造が同じであれば良いのですか? それとも抽出対象テーブルの全てのカラム構造が同一であることが必要ですか?
    01:02  (53:48 ~ )
    Q.トランザクションを開始してCOMMITやROLLBACKするまでのSQL(UPDATE,DELETE)の実行が多い場合、処理速度やメモリなどに影響しますか?
    01:47  (54:50 ~ )
    Q.暗黙的なcommitでinsertする場合は裏で ロック=>トランザクション=>insert=>commit=>endされているということでしょうか?
      (56:37 ~ )