おためし受講中

Redisゆるふわ入門 -1ステップ上の使い方-

最終回の授業では以下を学びます。

  • ・expire(有効期限の設定)
  • ・Pub-Subメッセージングモデル
  • ・その他実案件での利用事例

 

事前に環境セットアップが完了している方は、一緒にコマンドを叩きながらゆるりとデータの取り扱いについて学んでいきましょう。 Redisの環境セットアップが終わっていない方や初めて参加された方でも座学として楽しんでいただけるような授業にする予定です。実際の現場での使われ方が気になる方におすすめです。わからないことやついていけないことがあれば随時質問してみてくださいね。

学生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    自己紹介
    授業の概要
    00:41  (01:37 ~ )
    アジェンダ
    01:20  (02:18 ~ )
    Windowsでのインストール(help版)
    02:40  (03:38 ~ )
    expire(有効期限の設定)
    00:07  (06:18 ~ )
    データの有効期限-expire-
    01:41  (06:25 ~ )
    データの有効期限-ttl-
    00:51  (08:06 ~ )
    データの有効期限の動作を見てみよう
    04:25  (08:57 ~ )
    データの有効期限の利用どころ
    02:18  (13:22 ~ )
    購読モデル
    00:16  (15:40 ~ )
    購読モデルとは
    02:02  (15:56 ~ )
    購読モデルの仕組み
    01:31  (17:58 ~ )
    購読モデルの利用例
    01:46  (19:29 ~ )
    購読モデルの良いところ、悪いところ
    02:30  (21:15 ~ )
    publish構文
    00:34  (23:45 ~ )
    subscribe構文
    00:40  (24:19 ~ )
    購読モデルを実践してみよう
    03:42  (24:59 ~ )
    Redisが使えるクラウドサービス
    00:17  (28:41 ~ )
    クラウドサービスとは
    02:00  (28:58 ~ )
    クラウドの良いところ
    03:18  (30:58 ~ )
    Redisの場合でのクラウド利用イメージ
    04:48  (34:16 ~ )
    AWS
    02:36  (39:04 ~ )
    MS Azure
    00:01  (41:40 ~ )
    クラウドを利用する際に気をつけること
    04:01  (41:41 ~ )
    MS Azureのダッシュボードを見てみよう
    01:52  (45:42 ~ )
    いろんな言語との接続
    00:12  (47:34 ~ )
    Javaとの接続
    01:13  (47:46 ~ )
    Node.jsとの接続
    06:18  (48:59 ~ )
    まとめ
    01:45  (55:17 ~ )
    お知らせ
    03:12  (57:02 ~ )
    受講生の皆さんへのメッセージ
    00:58  (1:00:14 ~ )
    Q.JVMベースもJJUGで扱われますか?