おためし受講中

ロボットの社会実装に必要なマーケティングの考え方

2回目では、ロボットが社会実装されるためには、どのような点に気を付けていけば良いか、マーケティングの観点から学んでいきます。また日本独特のアプリ市場を世界と比較することで、ロボットを日本で普及するために、どのような手段が有効か等も学習していきます。

 

学生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    授業の概要
    自己紹介
    01:30  (01:22 ~ )
    本日のアジェンダ
    00:40  (02:52 ~ )
    前回のおさらい
    00:05  (03:32 ~ )
    ロボットサービス・ビジネススクールとは
    00:41  (03:37 ~ )
    儲けるポイント
    00:26  (04:18 ~ )
    考え方のフェーズチェンジ
    00:29  (04:44 ~ )
    マーケティングとロボット
    00:07  (05:13 ~ )
    フェーズチェンジマネージメント
    00:36  (05:20 ~ )
    前回までのおさらい ペルソナ Rさん
    02:00  (05:56 ~ )
    【ペルソナ】Rさん行動観察を終えて
    01:59  (07:56 ~ )
    【先生からの質問】本日のテーマ「マーケテイング」 というキーワードを聞いて どんな内容を思い浮かべますか?
    03:46  (09:55 ~ )
    マーケティングとは?
    02:36  (13:41 ~ )
    アドバンテージを見つける
    00:15  (16:17 ~ )
    【先生からの質問】日本市場が世界一の売上を 誇る分野があります。 何でしょうか?
    04:36  (16:32 ~ )
    日本はゲームアプリ売上世界一
    00:31  (21:08 ~ )
    1人当たりの月額課金額
    01:38  (21:39 ~ )
    【先生からの質問】日本はどうして アプリ売上世界一になったと 思いますか?
    04:36  (23:17 ~ )
    大きな要因
    01:39  (27:53 ~ )
    【ペルソナ】Rさんアドバンテージを開発に生かす
    01:44  (29:32 ~ )
    【先生からの質問】ところで 現在ロボットのブームは 何回目といわれているでしょうか?
    02:46  (31:16 ~ )
    ロボットに親しむ文化
    03:55  (34:02 ~ )
    インターネットサービス会社とロボットの普及
    01:47  (37:57 ~ )
    【ペルソナ】「テレプレゼンス型ゲームロボット」の提案
    02:13  (39:44 ~ )
    イノベーション振り子理論
    00:37  (41:57 ~ )
    人材育成モデル:イノベーション振り子理論
    02:01  (42:34 ~ )
    まとめ
    01:24  (44:35 ~ )
    Q.ゲームアプリを起動させるOSは全てにおいてですか?
    Q.この先は、会社ではなく一般人も、値段の高いロボットを欲しがる(買うようになる)と思いますか?
    02:16  (46:49 ~ )
    Q.一昨日、昨日と「障害とアーツ」というテーマのイベントに参加するために、東京藝術大学にいきました。「技術×藝術×障がい」というテーマで、産と学のコラボレーションの取り組みがありました。今後はテクノロジーだけではイノベーションを起こすのは難しいとも考えられるのでしょうか?
    01:36  (49:05 ~ )
    Q.イノベーション振り子理論というのは、経営学では一般に普及している理論なのですか?
    03:54  (50:41 ~ )
    Q.これから、教育用途でのロボットは出てくる(必要)と感じますか?
    01:26  (54:35 ~ )
    お知らせ
      (56:01 ~ )