おためし受講中

60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術

◼︎授業概要

1)「ダメコミュニケーション・MOVIE」から学ぶ“ダメなコミュニケーション”事例
⇒ダメ・MOVIEの中で何がダメなのか、受講者の方にもご意見をいただきます。

2)ダメコミュニケーションとは?ダメな理由とそのリスク
①ダメコミュニケーションが起こりやすい場面
②ダメコミュニケーションは何がだめなのか?
③ダメコミュニケーションから生まれるリスクとは?

3)ダメコミュニケーション改善術
①価値観や立場の違いを認識しましょう
②できているようでできていない?全ての基本の傾聴のコツ
③コミュニケーションにおける事前準備のポイント

4)今日から使える「ダメコミュニケーション」を改善する「3つのフレーズ」

5)「ダメコミュニケーション」が起こりやすい場面でもっといいコミュニケーションをするために

60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術(全1回)

学生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    場面①:解説
    00:10  (00:00 ~ )
    自己紹介
    01:56  (00:10 ~ )
    アジェンダ
    01:05  (02:06 ~ )
    「ダメコミュニケーション・MOVIE」から学ぶ”ダメなコミュニケーション”
    00:10  (03:11 ~ )
    場面①:商談場面
    04:04  (03:21 ~ )
    場面②:上司への意見の場面
    01:25  (07:25 ~ )
    場面②:解説
    01:20  (08:50 ~ )
    場面②:ダメ・コミュニケーション
    01:24  (10:10 ~ )
    場面②:改善・コミュニケーション
    01:41  (11:34 ~ )
    相手に意見をするテクニック
    02:07  (13:15 ~ )
    場面③:上司・部下の面談(キャリア面談)
    02:16  (15:22 ~ )
    場面③:解説
    01:17  (17:38 ~ )
    場面③:ダメ・コミュニケーション
    00:40  (18:55 ~ )
    場面③:改善・コミュニケーション
    01:21  (19:35 ~ )
    捉え方を変えてみる
    01:54  (20:56 ~ )
    ダメなコミュニケーションとは?
    00:13  (22:50 ~ )
    ①ダメコミュニケーションが起こりやすい場面
    00:36  (23:03 ~ )
    違いが生まれる原因
    01:26  (23:39 ~ )
    忘れてしまったり、共通認識がないために起きてしまうズレ
    00:57  (25:05 ~ )
    人はそれぞれ固有の「メガネ」をもっている
    00:38  (26:02 ~ )
    思い込みによるズレ
    00:29  (26:40 ~ )
    ②ダメコミュニケーションから生まれるリスクとは?
    01:17  (27:09 ~ )
    離職のきっかけ
    00:40  (28:26 ~ )
    人間関係の悩み
    01:40  (29:06 ~ )
    ダメコミュニケーション改善術
    00:56  (30:46 ~ )
    傾聴の重要性
    01:22  (31:42 ~ )
    ダメなコミュニケーションの例
    00:29  (33:04 ~ )
    傾聴の手法
    00:37  (33:33 ~ )
    良い会話の例
    01:21  (34:10 ~ )
    今日から使える「ダメコミュニケーション」を改善する「3つのフレーズ」
    00:15  (35:31 ~ )
    (1)ありがとうございます:感謝
    02:57  (35:46 ~ )
    (2)お手数をおかけしました:謝罪
    02:09  (38:43 ~ )
    (3)おっしゃる通りです:共感
    01:01  (40:52 ~ )
    もっといいコミュニケーションをするために
    01:07  (41:53 ~ )
    まとめ
    02:21  (43:00 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:逆接を使わないというポイントを実際に実践するとなると、何か難しそうです。いいコツありますか?
    00:50  (45:57 ~ )
    Q:前提が違う、は気付くのが後になればなるほど無駄に過ぎた時間が大きくなるため、なるべく早くに気付きたいところです。なるべく前提がズレないように、初期のコミュニケーションで先生が意識していることは何ですか?
    01:18  (46:47 ~ )
    Q:ビジネス面では傾聴と遠慮を間違えがちですが、意見を言う場面ではどのような意識が必要でしょうか?
    01:23  (48:05 ~ )
    Q:上司に業務のことで相談すると「話し方がまとまっていない、整理されていない」といわれるのですが、分かりやすい話し方のポイントはなんでしょう?
    01:50  (49:28 ~ )
    Q:スライド17ページの3つめに「上司が仕事をしないのがイライラする」場合の捉え方として【人は人、自分には関係ないと割り切れないか】とありますが、その上司が原因でお客様が怒っている為、同じ会社に居る人間として割り切れません。このような時はどうしたら良いでしょうか?
    01:44  (51:18 ~ )
    Q:上司が一方的に喋るのが大好きな人なのですが、いつもこちらが話を聞いております。こちらの意見を話す機会は、かなり意識して作らないといけないのですが、まだ良い方法が見つかっておりません。良い方法が何かありますでしょうか?
    01:23  (53:02 ~ )
    Q:先生はご家族やご友人と話されるときも常に今日の授業で教えていただいたようなことを意識されているのでしょうか? また、私たちは家族などとの日常会話の中でも今日教えていただいたようなことを実践していったほうが良いのでしょうか?
    01:27  (54:25 ~ )
    Q:こういったダメコミュニケーションを根本的に改善する、心構え、みたいなものはあるのでしょうか?難しいと思いますが・・・
    01:20  (55:52 ~ )
    お知らせ
      (57:12 ~ )