おためし受講中

UMLに基づく分析設計 -1回目-

まず1回目はアーキテクチャ分析について解説します。アーキテクチャ分析とは何か、なぜ必要なのか、誰がどのタイミングで実施するのかなどを学びます。

学生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    00:24  (00:11 ~ )
    はじめに
    01:22  (00:35 ~ )
    授業の目標
    01:04  (01:57 ~ )
    アーキテクチャ分析の位置づけ
    01:42  (03:01 ~ )
    成果物
    03:10  (04:43 ~ )
    アーキテクチャの4+1ビュー
    02:13  (07:53 ~ )
    アジェンダ
    00:58  (10:06 ~ )
    レイヤー構造
    00:06  (11:04 ~ )
    パターンとは
    01:32  (11:10 ~ )
    GOFの23パターン
    01:56  (12:42 ~ )
    アーキテクチャパターン
    00:37  (14:38 ~ )
    レイヤーパターン
    02:55  (15:15 ~ )
    レイヤーパターンの例
    01:01  (18:10 ~ )
    パッケージとは
    00:55  (19:11 ~ )
    パッケージ間の関係
    01:07  (20:06 ~ )
    依存関係の循環は避ける
    01:02  (21:13 ~ )
    レイヤーの表現
    00:23  (22:15 ~ )
    レイヤーのモデリング
    00:41  (22:38 ~ )
    レイヤーパッケージ
    00:43  (23:19 ~ )
    ステレオタイプとは
    01:12  (24:02 ~ )
    レイヤーの構成
    00:28  (25:14 ~ )
    レイヤーガイドライン
    01:49  (25:42 ~ )
    基本抽象概念
    02:30  (27:31 ~ )
    基本抽象概念を定義する
    00:41  (30:01 ~ )
    セミナー管理システムの場合
    00:42  (30:42 ~ )
    分析メカニズム
    00:09  (31:24 ~ )
    アーキテクチャメカニズム
    00:38  (31:33 ~ )
    アーキテクチャメカニズムのカテゴリ
    01:29  (32:11 ~ )
    分析メカニズムとは
    02:14  (33:40 ~ )
    分析メカニズムの例
    00:23  (35:54 ~ )
    分析メカニズムと分析クラス
    01:29  (36:17 ~ )
    分析メカニズムの特性
    01:16  (37:46 ~ )
    分析メカニズムの特性の例
    00:46  (39:02 ~ )
    ユースケース実現パッケージ
    01:15  (39:48 ~ )
    ユースケースの実現
    01:02  (41:03 ~ )
    反復とユースケース実現
    01:07  (42:05 ~ )
    振り返り
    02:48  (43:12 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:ITアーキテクトはどれくらいのレベルでセキュリティやネットワークを熟知しているのですか?
    00:55  (46:11 ~ )
    Q:アーキテクトと設計者は、上下関係ではなく、分業関係のように見えるのですが、プロジェクト全体の統合的な責任者がいなくても大丈夫なのでしょうか。
    01:26  (47:06 ~ )
    スライドの復習
    04:38  (48:32 ~ )
    Q:上のレイヤー情報を下のレイヤーで使うにはにはどうやりますか?
    01:30  (53:10 ~ )
    お知らせ
    02:33  (54:40 ~ )
    次回授業について
    00:49  (57:13 ~ )
    Schooからのお知らせ
      (58:02 ~ )