おためし受講中

UMLに基づく分析設計 -5回目-

5回目はコンポーネント設計の後半について解説します。クラスとは何か、なぜ必要なのか、誰がどのタイミングで実施するのかなどを学びます。

学生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    はじめに
    アジェンダ
    00:43  (07:03 ~ )
    クラスを洗練する
    01:55  (07:46 ~ )
    設計要素を識別する
    00:26  (09:41 ~ )
    entityクラスの場合
    00:09  (10:07 ~ )
    controlクラスの場合
    00:06  (10:16 ~ )
    画面
    02:03  (10:22 ~ )
    可視性の記述
    02:41  (12:25 ~ )
    スコープ
    02:31  (15:06 ~ )
    属性を洗練する
    02:50  (17:37 ~ )
    派生属性
    03:51  (20:27 ~ )
    操作を洗練する
    01:20  (24:18 ~ )
    パラメータを定義する
    02:20  (25:38 ~ )
    関係を洗練する
    00:57  (27:58 ~ )
    依存関係
    01:05  (28:55 ~ )
    依存の種類
    00:19  (30:00 ~ )
    ローカル参照
    01:06  (30:19 ~ )
    パラメータ参照
    01:13  (31:25 ~ )
    グローバル参照
    01:11  (32:38 ~ )
    関連か属性か
    02:13  (33:49 ~ )
    関連か集約か
    00:54  (36:02 ~ )
    集約かコンポジションか
    01:12  (36:56 ~ )
    誘導可能性
    01:03  (38:08 ~ )
    関連クラス
    01:37  (39:11 ~ )
    多重度
    00:44  (40:48 ~ )
    多重度によるコレクションの検討
    01:03  (41:32 ~ )
    汎化
    00:36  (42:35 ~ )
    抽象クラスによる汎化
    01:05  (43:11 ~ )
    多重継承
    01:21  (44:16 ~ )
    polymorphism
    01:26  (45:37 ~ )
    関係を洗練したVOPC
    00:20  (47:03 ~ )
    パターンを適用する
    00:42  (47:23 ~ )
    ステートパターン
    00:55  (48:05 ~ )
    まとめ
    00:57  (49:00 ~ )
    Q.パラメータを空にした場合と省略した場合を区別したいときにはどうすればよいでしょうか?
    Q.関連クラスの変形を見てER図のm:n関係を別テーブルに割るDB設計技術を連想しました。似たようなものと考えてよろしいでしょうか?
    01:17  (51:06 ~ )
    Q.多重継承についてですが、分析・設計段階では多重継承を使ってもよいということでしょうか?
    00:42  (52:23 ~ )
    授業の振り返り
    03:45  (53:05 ~ )
    お知らせ
    03:20  (56:50 ~ )
    先生から受講してくださった皆様へのメッセージ
      (1:00:10 ~ )