おためし受講中

監視設定と障害通知、より高度な使い方

第3回では監視対象の登録、テンプレートを利用したサーバーの監視とグラフの表示の仕方などを学びます。

・アイテムとトリガー
・Pingによる死活監視設定
・プロセスの監視設定
・障害の検知
・イベントと障害通知
・カスタムグラフの表示と設定
・マップとスクリーンの表示
・ローレベルディスカバリの概要
・Web監視
・その他の高度な監視機能

第2回で利用した設定の詳細の解説から、監視設定の追加、障害の検知と通知、より高度な監視機能まで幅広く学んでいきます。

学生代表

  • 青島 莉子

    青島 莉子

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    自己紹介
    授業全体の流れ
    00:59  (01:14 ~ )
    今回のアジェンダ
    01:01  (02:13 ~ )
    【先生からの質問】監視ソフトウェアに求める機能は?
    04:24  (03:14 ~ )
    アイテムとトリガー
    00:09  (07:38 ~ )
    アイテムの設定
    03:27  (07:47 ~ )
    アイテムのキーの設定
    01:31  (11:14 ~ )
    プロセス監視の設定
    02:20  (12:45 ~ )
    トリガーの設定
    00:58  (15:05 ~ )
    プロセス監視のトリガーの設定
    03:41  (16:03 ~ )
    トリガー条件式の設定
    02:40  (19:44 ~ )
    トリガー関数
    02:36  (22:24 ~ )
    トリガーステータスの表示
    03:33  (25:00 ~ )
    各設定の連携フロー
    01:44  (28:33 ~ )
    イベントの表示
    02:07  (30:17 ~ )
    Zabbixの通知のしくみ
    04:15  (32:24 ~ )
    アクションの設定
    00:18  (36:39 ~ )
    障害通知で実行可能な機能
    01:20  (36:57 ~ )
    グラフィカル表示機能
    00:16  (38:17 ~ )
    【先生からの質問】システムの稼働状況をどう確認してますか?
    02:09  (38:33 ~ )
    カスタムグラフ
    00:42  (40:42 ~ )
    カスタムグラフの設定
    01:18  (41:24 ~ )
    マップ
    00:33  (42:42 ~ )
    スクリーン
    01:40  (43:15 ~ )
    その他の高度な監視機能
    00:21  (44:55 ~ )
    ローレベルディスカバリ
    02:35  (45:16 ~ )
    Web監視
    02:11  (47:51 ~ )
    監視対象の自動検知
    00:46  (50:02 ~ )
    VMware仮想環境の監視
    01:12  (50:48 ~ )
    大規模システムの監視
    00:48  (52:00 ~ )
    Zabbix APIによる自動化とデータの活用
    00:59  (52:48 ~ )
    まとめ
    00:53  (53:47 ~ )
    授業全体のまとめ
    02:26  (54:40 ~ )
    Q.トリガーの条件式設定で最適な条件式の値は、どの様にして求めるのが良いのでしょうか?
    Q.Zabbixサーバーがダウンしている時間、監視対象ホストの監視情報は収集できないと思いますが、Zabbixサーバが復旧した後にダウンしていた時間帯の監視対象ホストの監視情報は拾えないのでしょうか?拾えない場合、何かワークアラウンドはありますか?
    01:34  (58:57 ~ )
    Q.深掘りするために参考になるサイトや書籍などなどがありましたらご紹介ください。
    01:09  (1:00:31 ~ )
    お知らせ
    01:39  (1:01:40 ~ )
    受講者へのメッセージ
      (1:03:19 ~ )