おためし受講中

はじめてのバージョン管理 -Mercurial入門-

第2回では、分散バージョン管理の Mercurial (Hg) のリポジトリの作成、基本機能の操作を解説します。

※この授業では、授業中に Mercurial の操作を行っていただけます。その場合は、事前にインストール手順に従い、Mercurial のインストールと設定を済ませておいてください。

■ Windows をお使いの方

手順 1. Mercurial のインストール 

https://www.mercurial-scm.org/downloads から TortoiseHg 4.0 のインストーラーをダウンロードします。インストーラーを起動して、手順にしたがってインストールを行ってください。

手順 2. Mercurial の動作確認

すべてのアプリ > Windows システムツール > コマンド プロンプト を起動します。コマンド プロンプト上で、「hg --version」を実行できるかを確認します。バージョン情報が表示されれば Mercurial が正しくインストールされているとみなせます。

手順 3. Mercurial の設定

「hg config --edit」を実行します。エディタ (メモ帳) が起動するので、username= の箇所に、「your name 」となるように記載し、保存します。

「hg config ui.username」を実行し、設定した名前が表示されているか確認します。

 

■ macOS (MacOS X) をお使いの方

手順 1. Mercurial のインストール

https://www.mercurial-scm.org/downloads から Mercurial 4.0 for MacOS X 10.11 をダウンロードします。ダウンロードしたファイルを「開く」とインストーラーが起動します。手順にしたがってインストールを行ってください。

手順 2. Mercurial の動作確認

アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル を起動します。「hg --version」を実行できるかを確認します。バージョン情報が表示されれば Mercurial が正しくインストールされているとみなせます。

手順 3. Mercurial の設定

「hg config --edit」を実行します。エディタが起動するので、username= の箇所に、「your name 」となるように記載し、保存します。

「hg config ui.username」を実行し、設定した名前が表示されているか確認します。

 

■ その他のプラットフォームをお使いの方

https://www.mercurial-scm.org/downloads の各プラットフォームのインストール方法を参照いただき、Mercurial をインストールしてください。「hg --version」を実行でき、バージョン情報が表示されれば Mercurial が正しくインストールされているとみなせます。「hg config --edit」を実行します。エディタが起動するので、username= の箇所に、「your name 」となるように記載し、保存します。「hg config ui.username」を実行し、設定した名前が表示されているか確認します。

学生代表

  • 未定

    未定

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    02:11  (00:12 ~ )
    授業の目的と目標
    01:22  (02:23 ~ )
    アジェンダ
    00:30  (03:45 ~ )
    バージョン管理とは
    02:20  (04:15 ~ )
    バージョン管理の概念
    01:27  (06:35 ~ )
    バージョン管理ツールとは
    01:43  (08:02 ~ )
    集中バージョン管理と分散バージョン管理
    01:51  (09:45 ~ )
    質問:使用経験のあるバージョン管理ツールは?
    03:27  (11:36 ~ )
    Mercurial(Hg)の特徴
    02:10  (15:03 ~ )
    Mercurial 入門-対象とするバージョン
    01:36  (17:13 ~ )
    Mercurial 入門-設定の確認
    01:58  (18:49 ~ )
    Mercurial 入門-基本操作を覚えよう
    00:45  (20:47 ~ )
    Mercurial 入門-remoteリポジトリをクローン
    02:45  (21:32 ~ )
    Mercurial 入門-localリポジトリを作成
    02:33  (24:17 ~ )
    Mercurial 入門-ファイル追加とステータス確認
    03:30  (26:50 ~ )
    Mercurial 入門-コミット前の操作の取り消し
    01:12  (30:20 ~ )
    Mercurial 入門-コミット
    01:21  (31:32 ~ )
    Mercurial 入門-編集とコミット
    03:21  (32:53 ~ )
    Mercurial 入門-(直前の)コミットの取り消し
    03:15  (36:14 ~ )
    Mercurial 入門-ログの確認
    02:37  (39:29 ~ )
    Mercurial 入門-変更内容を知る
    02:25  (42:06 ~ )
    Mercurial 入門-GUIツール|SourceTree
    02:50  (44:31 ~ )
    Mercurial 入門-GUIツール|TortoiseHg
    01:14  (47:21 ~ )
    まとめ
    00:56  (48:35 ~ )
    次回授業について
    01:07  (49:31 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:ユーザーネームは何文字までとか制限はないのですか?
    00:57  (51:04 ~ )
    Q:分散バージョン管理はGitがメジャーになっていますが、Mercurialを導入する利点などがあれば教えてください。
    02:08  (52:01 ~ )
    お知らせ
    01:48  (54:09 ~ )
    Schooからのお知らせ
      (55:57 ~ )