おためし受講中

ロボットの社会実装に必要なRTミドルウェアの基本

第3回目では、ロボットの社会実装に必要なRTミドルウェアの基本を学習していきます。

ロボットは組み合わせ技術です。市場のニーズにあったロボットシステムを迅速に構築できるかどうかがが、ビジネスの成否を分けます。

従来は、ロボットを構成するデバイス間のインターフェースが異なるため、異なるメーカのデバイスを組み合わせるのは、一苦労でしたが、RTミドルウェア(Robotic Technology-middlewares)の出現で、容易にシステム構築できるようになりました。RTミドルウェアは、ロボット開発技術者だけではなく、ロボットビジネスに関わる全ての人が知っておきたい技術内容です。

学生代表

  • 新井 利佳

    新井 利佳

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    自己紹介
    アジェンダ
    00:42  (02:12 ~ )
    前回までのおさらい
    00:05  (02:54 ~ )
    ロボットサービス・ビジネススクールとは
    00:56  (02:59 ~ )
    イノベーション振り子理論
    00:37  (03:55 ~ )
    フェーズチェンジマネジメント
    00:45  (04:32 ~ )
    ペルソナ『技術のA君から相談を受けるRさん』
    02:21  (05:17 ~ )
    【先生からの質問】ロボット開発でのお困りごとは何でしょうか?
    03:19  (07:38 ~ )
    RTとは?
    02:13  (10:57 ~ )
    従来のロボットシステム開発
    01:09  (13:10 ~ )
    RTミドルウエアを用いた開発
    01:01  (14:19 ~ )
    キーワード
    04:33  (15:20 ~ )
    【先生からの質問】モジュール化のメリットは何だと思われますか?
    04:01  (19:53 ~ )
    モジュール化のメリット
    02:26  (23:54 ~ )
    RTコンポーネントの独自のメリット
    01:25  (26:20 ~ )
    RTミドルウェアの目的
    02:29  (27:45 ~ )
    RTコンポーネントの主な機能
    01:37  (30:14 ~ )
    RTミドルウェアによる分散システム
    01:16  (31:51 ~ )
    ペルソナ『Rさん、社長に報告』
    03:22  (33:07 ~ )
    まとめ
    01:17  (36:29 ~ )
    次回予告
    01:41  (37:46 ~ )
    質疑応答
    Q.AIやろロットの進歩で今後50%くらいの仕事がなくなっていくようですがプログラマーやWEBデザイナーはどのような影響を受けると思いますか?ITでこれが強いというものがあれば教えてください。
    01:25  (39:45 ~ )
    Q.OpenRTM-aist はオープンソースで誰でもつかえるのですか?
    00:52  (41:10 ~ )
    Q.あらゆる製品がモジュール化されたら、デザインにバリエーションをつけることは難しくなるのでしょうか?
    01:08  (42:02 ~ )
    Q.新規事業にはcan,want,mustがありますが、ここでのシーズにはcanとmustが含まれているということでしょうか。
    01:26  (43:10 ~ )
    Q.ロボットの技術プラットフォームは世界の誰もが狙う覇権だと考えられますが、RTMの優位性や展望があれば教えてください。
    02:15  (44:36 ~ )
    Q.ロボットが普及し、どんな人も使えるようになったとします。そうすると、万が一トラブルが起きた場合にユーザーでは手に負えないことも出てくるということがあるか気になります。既に親世代は家電を使いこなせてないですし…。
    04:59  (46:51 ~ )
    お知らせ
    03:38  (51:50 ~ )
    Q.AIやろロットの進歩で今後50%くらいの仕事がなくなっていくようですがプログラマーやWEBデザイナーはどのような影響を受けると思いますか?ITでこれが強いというものがあれば教えてください。
    01:16  (55:28 ~ )
    Q.先日行われたCESでも言われていましたが、アメリカや中国の熱量はすごいけど、日本はそうでもなかったみたいですね。ロボットについても日本が世界に遅れないか心配です。
    01:08  (56:44 ~ )
    受講生の皆様へのメッセージ
      (57:52 ~ )