おためし受講中

テレビ×インターネットの未来予測(日本テレビ放送網株式会社)

メディアとして絶対的な存在であり続けているテレビ。

インターネット上での多種多様な番組・コンテンツの配信が進むなか、これからどのような立ち位置になるのでしょうか。

日本テレビ放送網株式会社は、日本初のインターネットによる番組無料配信サービス「日テレ無料(TADA)!」でのサービス提供など、地上波での放送にとどまらずに様々なサービスを展開しています。テレビとインターネットの各々の役割・今後のあり方の移り変わっていく過程については、多くの可能性があり、面白い未来が待っていそうです。

「日テレ無料(TADA)!」立上げに関わり、 HJホールディングス合同会社(Hulu)事業戦略室長でもあるトップランナーの太田正仁氏と一緒に、テレビとインターネットはどのように関わり合い発展していくのか、未来を一緒に考えていきましょう。

 

当日の流れ

======================================

・30分/トップランナーから「業界の未来予測」プレゼン
・40分/モデレータも加えて、受講生参加型ディスカッション
・20分/トップランナーへの質疑応答

======================================

※上記は予定です。変更になった場合は、このページで随時更新します。

学生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    オープニング
    03:02  (00:11 ~ )
    アジェンダ
    00:19  (03:13 ~ )
    自己紹介
    01:21  (03:32 ~ )
    1.日テレがやっていること
    02:07  (04:53 ~ )
    ①そもそもの背景
    00:08  (07:00 ~ )
    ・テレビとインターネット接触時間比較
    01:04  (07:08 ~ )
    ・そもそも番組を見つけてもらえない時代
    01:40  (08:12 ~ )
    ・日テレの売上推移
    00:56  (09:52 ~ )
    ②テレビをネットに
    00:18  (10:48 ~ )
    ・日テレオンデマンド(無料)
    00:46  (11:06 ~ )
    ・日テレオンデマンド(有料)
    00:17  (11:52 ~ )
    ・番組無料配信「日テレ無料(TADA!)」
    01:16  (12:09 ~ )
    ・Hulu
    02:23  (13:25 ~ )
    ・動画サービスの種類
    00:14  (15:48 ~ )
    ③テレビでネットを
    00:03  (16:02 ~ )
    ・HAROiD
    01:35  (16:05 ~ )
    ・視聴データの活用
    00:36  (17:40 ~ )
    2.テレビ×インターネットの未来予測
    00:10  (18:16 ~ )
    ・先生からの問いかけ
    02:37  (18:26 ~ )
    ・みなさんからのコメント
    08:51  (21:03 ~ )
    ・どのあたりの未来?
    01:05  (29:54 ~ )
    ①ツールとしての未来
    04:08  (30:59 ~ )
    ②事業としての未来像
    00:16  (35:07 ~ )
    ・「習慣」の崩壊
    01:14  (35:23 ~ )
    ・「テレビ」って何?
    00:58  (36:37 ~ )
    ・インターネットでテレビに何が起きるのか
    00:57  (37:35 ~ )
    ・どんなふうにコンテンツ接点を拡大する?
    04:40  (38:32 ~ )
     ー「能動的視聴」の未来
    01:58  (43:12 ~ )
     ー「受動的視聴」の未来
    01:31  (45:10 ~ )
     ー「受動的視聴」→「出会い的視聴」
    00:35  (46:41 ~ )
     ー「出会い的視聴」の拡散
    01:40  (47:16 ~ )
    ・ビジネスモデル
    00:39  (48:56 ~ )
     ー動画広告のビジネスモデル
    01:56  (49:35 ~ )
     ービジネスを握ってコンテンツを撒く
    02:03  (51:31 ~ )
     ー課金サービスのビジネスモデル
    01:12  (53:34 ~ )
    ③その他の未来
    01:23  (54:46 ~ )
    3.ディスカッション
    00:24  (56:09 ~ )
    ①テレビが変わろうとしたきっかけとは?
    04:11  (56:33 ~ )
    ②テレビの未来予測
    05:53  (1:00:44 ~ )
    ③テレビを作る人材
    03:06  (1:06:37 ~ )
    ④どこにフォーカスしていく?
    06:12  (1:09:43 ~ )
    ⑤Schooってどう思いますか?
    03:50  (1:15:55 ~ )
    質疑応答
    12:49  (1:19:45 ~ )
    まとめ
    02:29  (1:32:34 ~ )
    エンディング
      (1:35:03 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q.視聴者の好みの細分化が著しいと思いますが、万人受けする番組作りの成立は難しいのでしょうか?
    03:01  (1:20:31 ~ )
    Q.abemaTVがテレビと同じところとテレビと違うところは何ですか?
    01:33  (1:23:32 ~ )
    Q.若年層のテレビ離れは、テレビへの不信感も無視できない要因なのではないでしょうか?
    04:35  (1:25:05 ~ )
    Q.海外のテレビ業界も日本の様にテレビ離れしているのでしょうか?
      (1:29:40 ~ )