おためし受講中

クラウドワークスはいかにして11億円の資金調達を実施したか?

日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」が創業からシリーズA、そしてシリーズBまでどのように事業をスケールさせてきたのかということをCFOの仕事という視点で振り返りながら、スタートアップ(起業家)からみた、資金調達について知っていただければと思います。

授業中では、「ゼロ→イチ」に取り組むスタートアップにとって資金調達する目的や意味、そして、創業期・シリーズA・シリーズB」それぞれのポイントについてなどを、みなさんにも考えていただきながらインタラクションして進めていければと思います。

クラウドワークスはいかにして11億円の資金調達を実施したか?(全1回)

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    05:43  (00:15 ~ )
    クラウドワークスとは
    03:09  (05:58 ~ )
    スタートアップが資金調達する目的と方法
    15:35  (09:07 ~ )
    クラウドワークス流 資金調達のポイント
    11:23  (24:42 ~ )
    資金調達におけるCEOとしての役割
    01:21  (36:05 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:資金調達について、CEOがすべき事とCFOがすべき事は、それぞれ何でしょうか?
    02:08  (39:28 ~ )
    Q:CFOは資金調達以外の時期は、どういった役割を担っていくべきなのでしょうか?
    02:04  (41:36 ~ )
    Q:最初の1200万円の調達について、具体的に教えて下さい。
    02:03  (43:40 ~ )
    Q:優秀なCFOとは、どうしたら知り合えるのでしょうか?
    00:51  (45:43 ~ )
    Q:選んだ投資家は、ちゃんと役立っていますか?
    01:59  (46:34 ~ )
    Q:資本政策を設計する際に、シード・アーリー期は企業価値を、どう評価しましたか?
    02:37  (48:33 ~ )
    Q:とにかくバリエーションを上げる事に注力しましたか?
    01:40  (51:10 ~ )
    Q:多くの投資家と会う事が重要と話してましたが、それはCFOがメインに行うのですか?
    02:08  (52:50 ~ )
    Q:アーリーからミドルのステージで投資家から資金調達する他に、銀行からも融資してもらう事もありますか?
    02:20  (54:58 ~ )
    課題発表
      (57:18 ~ )