おためし受講中

ラクスルCTOに聞く「レガシーコードからの脱却」

常に連続的な成長を求められるのがスタートアップ。だからこそ、発生する「技術的負債」の解消は後回しにされ続けることが少なくありません。

会社が成長期に入っていくと、その後回しのツケが働くエンジニア達に回ってきます。もっと早く良いサービスを出したい。その気持ちとは裏腹にレガシーコードはエンジニア達の毎日を圧迫していきます。

リファクタリング等を通じて、その解消を行いたい。でも会社の成長を止めるわけにはいかない。スタートアップで働くエンジニア共通の悩みではないでしょうか。

日本有数のネット印刷サービスを提供するラクスル株式会社では、そのレガシーコードに関する悩みに、「独自の方法」で立ち向かっています。

・「ラクスル」サービスの技術的裏側
・泉氏入社時点でのレガシーコードの状態
・ラクスル独自の解消方法
・結果どうなったか
・同じように負債に悩むエンジニア/CTOへのアドバイス

上記のようなポイントを、同社CTOの泉氏に教えていただくのがこの授業です。生放送に参加し、一緒に「技術的負債への立ち向かい方」を考えていきましょう。


【授業の流れ】

===========================

・40分/泉氏による講義

・20分/皆様からの質疑応答

===========================

※上記は予定です。変更の場合はこちらでお伝えいたします

 

【先生プロフィール】

■泉 雄介氏

米音楽大学(ピアノ・作曲)を卒業後、メディア制作会社にてしばらく作曲で生計を立てるが徐々に映像やFlash Movieなどに興味持ち始め、FlashとDB連携など、独学でシステム開発に目覚める。

制作会社を辞め、システム開発で起業。しばらくアパレルのECや航空券予約販売などのシステム受託開発業を行う。

その後、モルガン・スタンレー証券会社に入社。約7年間、主に債券の取引(現物・デリバティブ・仕組債)のシステム開発を行う。その後、DeNAに入社し、ゲームプラットフォーム事業やバイオテクノロジー(遺伝子検査)のサービス開発のリード経て、2015.10よりラクスル株式会社にてシステム部部長に就任。

2016.3より同社CTOに就任。現在システム部のマネージメント、及びアーキテクトを務める。

ラクスルCTOに聞く「レガシーコードからの脱却」(全1回)

学生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    04:34  (01:10 ~ )
    RakSulってどんなサービス?
    03:36  (05:44 ~ )
    サービスの裏側はどうなっているの?
    02:52  (09:20 ~ )
    RakSulのレガシーコードの状態
    14:18  (12:12 ~ )
    どう解決したの?
    06:08  (26:30 ~ )
    Q.新システムをPHPではなく、Railsでつくったのはなぜですか??
    01:47  (32:38 ~ )
    Q.「これでレガシーコードから抜け出たぞ!」と感じた瞬間がありましたら教えて下さい!
    01:23  (34:25 ~ )
    Q.新規プロダクト/サービス vs レガシーコード脱却 の比重はどれくらいですか?
    03:42  (35:48 ~ )
    レガシーコードからの脱却のポイント
    07:43  (39:30 ~ )
    ラクスルの今後
    04:42  (47:13 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q.サービスや組織の存続を脅かす技術負債は、例えば..パスワードを平文で保存していたりとかのセキュリティ的なものとかかな...?
    00:29  (52:25 ~ )
    Q.レガシーコードにならないよう、コードの寿命を延ばすために気を付けていることはありますか?
    01:34  (52:54 ~ )
    Q.技術負債を改善するために非技術者を説得する必要がある場合、何かアドバイスはありますか?
    02:07  (54:28 ~ )
    Q.レガシーコード脱却に裂ける時間をどういう風に確保したのかな、と?
    02:14  (56:35 ~ )
    Q.経営者目線だと、レガシーコード脱却は直接お金に結びつかないと思われそうなんですが、先生の会社ではそのようなことはなかったんでしょうか?
    01:30  (58:49 ~ )
    Q.技術的に挑戦しがいのある新しいものをプロダクトに採用したい話があるとき、それを採用するかどうかの判断はどのようにしていますか?ともすると技術負債になってしまうかも?という不安と隣合わせかとおもっています
    02:00  (1:00:19 ~ )
    まとめ
      (1:02:19 ~ )