おためし受講中

「働き方改革」の全容

安倍内閣の目玉として議論が始められた「働き方改革」。
長時間労働の是正、労働生産性の向上、労働環境の整備など9つのポイントで議論が進められています。
特集授業の第1回目であるこの授業では、日々、ニュースでも取り上げられることの多いこのトピックを再整理する時間にしたいと考えています。日本社会全体の潮流を捉え、私たちはどのような働き方を手に入れようとしているのか学んでいきましょう

【授業の流れ】
■授業概要紹介、講師紹介/5分
■講義「働き方改革の全容」、質疑応答/50分
■授業のまとめ、次回予告/5分

学生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    オープニング
    00:41  (00:10 ~ )
    自己紹介
    00:51  (00:51 ~ )
    先生からの質問
    04:58  (01:42 ~ )
    「働き方改革」→「働き方変革」をイメージしよう
    01:56  (06:40 ~ )
    なぜ「働き方変革」がキーワードなのか
    00:28  (08:36 ~ )
    ・「働き方変革」がキーワードとなる背景
    03:10  (09:04 ~ )
    ・長時間労働から抜け出せない理由
    01:57  (12:14 ~ )
    ・「人口ボーナス期」の働き方を続けた結果
    10:02  (14:11 ~ )
    あなたにとって「働き方変革」とは何か?
    00:20  (24:13 ~ )
    ・先生からの質問
    08:24  (24:33 ~ )
    ・「働き方変革」で個人が求められること
    11:01  (32:57 ~ )
    質疑応答
    12:36  (43:58 ~ )
    まとめ
    02:13  (56:34 ~ )
    次回授業のお知らせ
    01:01  (58:47 ~ )
    エンディング
      (59:48 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q.日本は無駄が多いのでしょうか?
    01:50  (16:59 ~ )
    Q.労働時間の少ないヨーロッパに労働生産性で負けているのですね?
    21:18  (18:49 ~ )
    Q.関心のないジャンルもインプットする余裕が必要なのでしょうか?
    03:10  (40:07 ~ )
    Q.出勤早々に会議をするのはもったいないでしょうか?
    00:54  (43:17 ~ )
    Q.他にも目を向けるとは、間接的に仕事に関するスキルの向上を指されていますか?それとも、新たな視点の開拓を指されていますか?
    01:52  (44:11 ~ )
    Q.限られた時間で成果を出す意識をチーム内で共有するためにはリーダーはどう動けば良いですか?
    01:19  (46:03 ~ )
    Q.どうやって労働生産性を上げれば良いですか?
    01:47  (47:22 ~ )
    Q.個人ではなくチーム全体で生産性を高めるために重要なことは何でしょうか?
    01:35  (49:09 ~ )
    Q.「副業禁止」ルールの廃止も有益かと思いますがどうでしょうか?
    01:03  (50:44 ~ )
    Q.時間も加えた投資に対する成果を設定する際、成果が最適なのかをどう見極めれば良いでしょうか?
    01:23  (51:47 ~ )
    Q.成果を定義する際、どのようなことを意識すると良いでしょうか?
    01:43  (53:10 ~ )
    Q.在宅勤務を導入している会社がありますが、今後も増加していくでしょうか?
      (54:53 ~ )