おためし受講中

本番環境へのデプロイ -さくらVPSにWebアプリケーションをデプロイする-

Rubyは1995年にまつもとゆきひろ氏により開発された世界中で使われているプログラミング言語です。
Web向きとされるプログラミング言語の中でも人気があり、近年需要が高まっています。
その人気の理由のひとつにRuby on Railsという便利なWebアプリケーションフレームワークの存在があります。
マスタープランでは、まずRubyの基礎文法をおさえてから、Ruby on Railsを使ったWebアプリケーション開発、
加えてHTML/CSSの基礎、CSSフレームワークを使用してのWebアプリケーション装飾までを学ぶことができます。

この授業ではさくらVPSサーバーを使用してWebアプリケーションの本番サーバーへのデプロイ手順を学びます。

※ この授業はRubyプログラミングルート マスタープラン用に収録された授業になります。

学生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【授業】
    さくらVPSコンソールへのログイン
    05:37  (02:44 ~ )
    サーバー上でSSHキー情報を格納するファイルを作成
    02:25  (08:21 ~ )
    (ローカル環境) SSHキーを生成する
    02:48  (10:46 ~ )
    サーバー上にSSHキーを登録
    06:20  (13:34 ~ )
    iptableの設定(解放・拒否のルールを設定)
    00:59  (19:54 ~ )
    iptablesの設定の保存
    00:48  (20:53 ~ )
    パッケージの更新とGitのインストール
    02:56  (21:41 ~ )
    rbenvのインストールと初期設定
    00:08  (24:37 ~ )
    設定情報の貼り付けと再読み込み
    01:33  (24:45 ~ )
    ruby-buildのインストール
    01:10  (26:18 ~ )
    その他のツールのインストール
    01:27  (27:28 ~ )
    JavaScript実行ツールのインストール
    00:53  (28:55 ~ )
    Rubyのインストール
    02:00  (29:48 ~ )
    Rubyのバージョンを変更
    00:42  (31:48 ~ )
    Railsのインストール
    00:47  (32:30 ~ )
    データベースのインストール
    00:35  (33:17 ~ )
    nginxのインストール
    00:50  (33:52 ~ )
    デプロイ用のディレクトリの作成
    01:12  (34:42 ~ )
    (ローカル) デプロイ先の登録とプッシュ
    06:39  (35:54 ~ )
    プッシュしたものをクローン
    02:01  (42:33 ~ )
    gemをインストール
    01:11  (44:34 ~ )
    default.confの設定
    02:45  (45:45 ~ )
    nginx.confの設定
    03:17  (48:30 ~ )
    環境変数の設定
    05:01  (51:47 ~ )
    データベースとテーブルの作成
    01:29  (56:48 ~ )
    サーバーを起動
    00:38  (58:17 ~ )
    ブラウザで確認
      (58:55 ~ )