おためし受講中

サービスデザイン入門 -5回目-

▪︎授業概要
・サービスデザインfor Public

下記のページを事前にご覧いただくと、よりスムーズに受講することができます。
『Service Design Impact Report : Public Sector Digest (jp)』日本語ダイジェスト版

学生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    オープニング
    00:30  (00:11 ~ )
    自己紹介
    02:10  (00:41 ~ )
    会社概要
    01:15  (02:51 ~ )
    この授業シリーズの全体像
    01:29  (04:06 ~ )
    アジェンダ:サービスデザイン for Public
    00:39  (05:35 ~ )
    1.公共領域におけるサービスデザイン活動概要
    00:22  (06:14 ~ )
    ・前提
    01:01  (06:36 ~ )
    ・海外での公共領域における取り組み
    01:25  (07:37 ~ )
    2.公共領域においてサービスデザインが注目される理由
    00:09  (09:02 ~ )
    ・先生からの質問
    05:29  (09:11 ~ )
    ・公共サービスへの要求の変化
    01:27  (14:40 ~ )
    ・公共課題に対する視点の転換
    00:56  (16:07 ~ )
    ・公共領域でのアジャイル プロトタイピングの必要性
    01:00  (17:03 ~ )
    ・デザイナーを介した相互理解・コミュニケーションの促進
    01:31  (18:03 ~ )
    ・一般市民のデザインへの参画
    01:02  (19:34 ~ )
    ・コストパフォーマンス
    02:24  (20:36 ~ )
    ・サービスデザインが公共領域に提供できる価値
    01:52  (23:00 ~ )
     ーキャパシティ・ビルディングとは
    01:45  (24:52 ~ )
     ーDigitalizationとは
    06:20  (26:37 ~ )
    3.公共領域のサービスデザインケーススタディ
    00:20  (32:57 ~ )
    ・英国Government Digital Serviceのデザイン機関:「PolicyLab」
    03:09  (33:17 ~ )
    ・米パーソンズ大学:「DFE」
    07:30  (36:26 ~ )
    4.日本における公共領域とデザインの状況
    00:08  (43:56 ~ )
    ・先生からの質問
    04:57  (44:04 ~ )
    ・コンセントの取り組み例
    00:46  (49:01 ~ )
    ・公共領域での課題
    00:59  (49:47 ~ )
    ・今後に向けた取り組み
    02:52  (50:46 ~ )
    質疑応答
    09:13  (53:38 ~ )
    エンディング
      (1:02:51 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q.公共=官の話なのでしょうか?
    44:22  (10:00 ~ )
    Q.省スペースだとADAということでしょうか?補足をお願いします。
    04:32  (54:22 ~ )
    Q.海外から素晴らしいサービスデザインを日本に直輸入するだけで足りない部分はどこだとお考えですか?
      (58:54 ~ )