おためし受講中

シェアリングエコノミーのキホン

日本では、2016年1月に東京都大田区が民泊を解禁し、大きな話題となりました。このような民泊ビジネスを含め、シェアリングサービスに類するサービスは最近いくつも登場しています。今後の世の中を大きく変えるかもしれない「シェアリングエコノミー」の概念を理解していきましょう。


【授業アジェンダ】
①シェアリングエコノミーとは何か?
②海外、そして日本でシェアリングエコノミーが広がる背景
③日本におけるシェアリングエコノミー普及の実情



 

学生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    オープニング
    00:31  (00:10 ~ )
    授業スケジュール
    01:29  (00:41 ~ )
    自己紹介
    01:31  (02:10 ~ )
    アジェンダ
    00:52  (03:41 ~ )
    シェアリングエコノミーとは?
    02:31  (04:33 ~ )
    シェアリングエコノミーの関係者の形態
    00:46  (07:04 ~ )
    シェアリングエコノミーの立ち上げってきた経緯
    01:26  (07:50 ~ )
    【先生からの質問】皆さんが知っているシェアリングサービスを知っている限りコメントしてみてください。その中で使ったことのあるサービスがあれば教えてください。
    03:34  (09:16 ~ )
    シェアリングエコノミーの領域
    05:45  (12:50 ~ )
    シェアリングエコノミーの領域:国内編
    02:24  (18:35 ~ )
    シェアリングエコノミーの領域:海外編
    03:35  (20:59 ~ )
    中国のシェアリングエコノミー取引総額
    01:17  (24:34 ~ )
    wework
    03:03  (25:51 ~ )
    ビジネス構造のイメージ図
    01:00  (28:54 ~ )
    シェアリングエコノミーの市場予想・経済効果
    00:32  (29:54 ~ )
    海外、そして日本でシェアエリングエコノミーが拡がる背景
    00:10  (30:26 ~ )
    シェアリングシティ「ソウル」の概要
    02:13  (30:36 ~ )
    シェアリングエコノミーが日本の社会に与える影響
    03:08  (32:49 ~ )
    多様な働き方が広がる
    00:39  (35:57 ~ )
    シェアリングシティ宣言
    00:23  (36:36 ~ )
    地域の課題を市民間でともに助け合うプラットフォーム
    00:47  (36:59 ~ )
    自治体の課題と対応するシェアリングサービス
    00:14  (37:46 ~ )
    佐賀県多久市「シェアで就業機会の創出」
    00:49  (38:00 ~ )
    熊本地震における支援活動
    00:14  (38:49 ~ )
    支援サービスの事例
    01:01  (39:03 ~ )
    遊休資産・資源の有効活用
    00:31  (40:04 ~ )
    新しい体験やライフスタイルが多様化
    01:26  (40:35 ~ )
    政府動向
    01:24  (42:01 ~ )
    プラットフォーマーの安全・責任対策
    00:08  (43:25 ~ )
    シェアリングエコノミーの安全性の取り組みと課題
    01:05  (43:33 ~ )
    日本におけるシェアリングエコノミー普及の実情
    00:11  (44:38 ~ )
    【先生からの質問】海外に比べて、シェアリングサービスが日本で普及しにくい理由は何だと思いますか?皆さんが考える理由を思いつく限りコメントしてみてください。
    03:07  (44:49 ~ )
    日本は海外と比較して、認知度・利用意向・利用率ともに著しく低い
    04:24  (47:56 ~ )
    ルールの問題でまだまだ始められないサービス
    02:20  (52:20 ~ )
    エンディング
    03:56  (54:40 ~ )
    先生からのメッセージ
    01:28  (58:36 ~ )
    次回授業について
      (1:00:04 ~ )